Burger IS AMERICAN BEEF. 2021で紹介されているハンバーガーショップ9店まとめ

Burger IS AMERICAN BEEF. 2021で紹介されているハンバーガーショップ9店まとめ
関連キーワード
ご飯

たまに電車で「Burger IS AMERICAN BEEF」というハンバーガーの中吊り広告を見かけるんですが、毎年お店のラインナップを変えてキャンペーンをやっているようです。

というわけで、2021年版となる「Burger IS AMERICAN BEEF. 2021」で紹介されているハンバーガーショップを9店舗まとめてみました。

僕自身行ったことがないお店が結構あるので、詳細のレポはできませんが、お店に行ってきたら追記していきます。

Burger IS AMERICAN BEEF. 2021

「Burger IS AMERICAN BEEF. 2021」は、アメリカンビーフ&アメリカンポーク公式サイトのキャンペーンページの一つ。

ハンバーガーの写真がおいしそうで、電車で見かけるといつも気になって検索したりしてたんですよね。

詳しくは下記のページをご覧ください。

では、こちらにまとまっている9店舗をご紹介していきます。サイトに掲載されているおすすめメニューの画像を転載するわけにはいかないので、テキストのみではありますが、ちょろっとずつコメント添えておきますね。

そして、僕が行ったことのあるお店についてはレポ記事へのリンクも貼っておきます。

六本木「Hard Rock Cafe Tokyo」

六本木にある「Hard Rock Cafe Tokyo(ハードロックカフェトウキョウ)」。

紹介されていたハンバーガーは「ビッグチーズバーガー(2,280円)」。塩コショウのみで味付けしているそうです。

渋谷「J.S. BURGERS CAFE」

「J.S. BURGERS CAFE(ジェイエスバーガーズカフェ)」はチェーン店ではありますが、今回は渋谷店が参戦しているようです。

メニューが豊富なお店で、数あるハンバーガーのラインナップの中から紹介されていたのは「クアトロチーズハニーバーガー(1,298円)」。

以前に食べに行ったことがあり、レポ記事にも買いてますが、突出して何がうまいという訳ではないけどバランスが良くておいしいハンバーガーという印象でした。

J.S. BURGERS CAFEのハンバーガーがバランス良くておいしい
続きを読む

西早稲田「Magari Burger ROUTE66」

2021年3月9日にオープンしたばかりの新店「Magari Burger ROUTE66(マガリバーガールート66)」。店名の通り間借りしてランチタイムのみ営業しているとのこと。夜間は「and tsubame」というお店のようですね。

アメリカンビーフのザブトンを100%使ったハンドチョップパティが売りだそうで、紹介されていたハンバーガーはスタンダードな「アボカドチーズバーガー(1,450円)」。

港北下「AMERICAN HOUSE DINER」

「AMERICAN HOUSE DINER(アメリカンハウスダイナー)港北下店」は、元町中華街駅近くのお店。

紹介されていた「ジューシールーシー(1,480円)」は、グリルオニオンとパティとチーズのみのシンプルなハンバーガーでした。

ちなみに、「BURGER JO’S」という店が元町にあり、こちらも系列店のようですね。

原宿「SMOKEHOUSE」

原宿にある「SMOKEHOUSE(スモークハウス)」は本格バーベキューとクラフトビールのお店。

「スモークハウスチーズバーガー(1,780円)」はそんなバーベキューが売りのお店の看板バーガーメニューです。

日本大通り「PENNY’S DINER」

横浜みなとみらいエリアにある日本大通り駅近くの「PENNY’S DINER(ペニーズダイナー)」。大桟橋の近くで景観の良いエリアです。

紹介されていたのは、アルゼンチン発祥のソースであるチミチュリをメインに据えた「チミチュリバーガー(1,760円)」です。

個人的には大好きなお店の一つ。ハンドチョップで肉々しいパティがとにかくおいしいです。店内もおしゃれで良いんですよね。

日本大通り駅近くのハンバーガー屋「PENNY'S DINER」のハンバーガーが肉感があってインパクトがすごい!うますぎて通いたいお店!
日本大通り駅近くのハンバーガー屋「PENNY’S DINER」のハンバーガーが肉感があってインパクトがすごい!うますぎて通いたいお店!
続きを読む

三田「TOKYO CIRCUS CAFE」

三田にある「TOKYO CIRCUS CAFE(トウキョウサーカスカフェ)」。

紹介されたメニューは「アボカドチーズバーガー(1,300円)」とスタンダードですが、パティの下味に山椒を加えてるそうで、結構珍しいですよね。

八重洲「Bubby’s Yaechika」

東京駅八重洲口の地下街にある「Bubby’s Yaechika(バビーズヤエチカ)」。駅直結のレストランフロアで本格的なグルメバーガーがいただけるんですね。

紹介されていた「ダブルバビーズ2.0 (1,980円)」は、パティを重ねたボリュームたっぷりな一品です。

神楽坂「COWMAN STEAK CLUB」

神楽坂にある「COWMAN STEAK CLUB(カウマンステーキクラブ)」。ステーキのお店が提供するハンバーガーです。

紹介されていたのはスタンダードな「アボカドバーガー(1,350円)」ですが、サイトの写真を見る限りパティの挽き方がものすごく荒々しくて、肉感がすごそうです。

パティにアメリカンビーフを使っているお気に入りのお店

過去に「Burger IS AMERICAN BEEF」に取り上げられたこともあるお店の中で、特に僕の好きなお店をご紹介します。

池袋にある「No.18(ナンバージュウハチ)」というお店です。

パティはアメリカンビーフの肩ロースを使い、赤身肉の旨味を存分に味わえます。また、パティだけでなくバンズもレタスやトマトなどの野菜も味付けも、全てのレベルが高く、さらにそれらのパーツを合わせた時のバランスが絶妙です。

最高においしいお店なので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

最強のグルメバーガー「No.18」が2019年4月に移転!さらにハンバーガーがうまくなった!
最強のグルメバーガー「No.18」が2019年4月に移転!さらにハンバーガーがうまくなった!
続きを読む

池袋のハンバーガー屋「No.18」のてりやきバーガーがうますぎる!
池袋のハンバーガー屋「No.18」のてりやきバーガーがうますぎる!
続きを読む

最後に

今年紹介されていたお店は僕の知らないところも多かったので、片っ端から行ってみたいと思います。

僕なりのハンバーガーランキングがこちらです。好きなハンバーガー屋さんを10店舗ご紹介してます。

ハンバーガーランキングのサムネイル画像
ハンバーガー食べ歩きが趣味の僕が選ぶ「首都圏のハンバーガー屋ランキング」【2019年版】
続きを読む

ランキング関係なく、ハンバーガーについて書いた記事の一覧はこちら。

※金額は記事執筆現在のものです