Twitterのエゴサーチで自分のツイートを除いて表示させたい場合は?

Twitterのエゴサーチで自分のツイートを除いて表示させたい場合は?

Twitterでエゴサーチする際に「自分の投稿だけを省きたい」というケースがあります。

例えば「自分のブログのURL」で検索するときに自分のツイートは省く、といった場合です。

そんなときに検索窓にはどのように入力すればいいのか解説します。

自分の投稿だけを除いてエゴサーチ

自分が投稿したツイートだけを省いて検索するためには、「キーワード -from:アカウント名」と記述します。

キーワードの後には「半角スペース」を入れ、「半角のハイフン(マイナスの意)」「from:」と入力し、省きたいツイッターアカウントを@抜きで書けばおっけー。

▼例えば「声シャッター」というキーワードを検索したい場合、「-from:delaymania」という記述を追加することで僕のツイートを省いて表示することができました。
twitter-search-from-01

「-」を付けるとそれを省くという意味になり、「from:」を付けるとそのアカウントの人だけという意味になります。

上記の小技を2つ組み合わせたことで「特定のアカウントの人だけを省く」という検索が可能になったという訳です。

※余談ですが、上記スクショの「声シャッター」というキーワードは先日紹介した「完全一致」でキーワード検索する方法を使ってますので、3つの技を組み合わせた検索をしてるんですね。

キーワードをURLに変更可能

この方法を応用すれば、「ブログが投稿されたらTwitterに自動投稿する」ように設定してる場合に、自分の投稿だけを省いて検索することも可能です。

キーワードの部分をURL(http://やhttps://といった記述は削除したもの)に差し替えるだけです。

これによってエゴサーチがだいぶ捗りますよ。

特定のアカウントの人の投稿だけを表示させたい場合

逆に「特定の人の投稿だけを表示させたい」という場合には「-」の記述を削除し、「from:」の方だけを使うことで検索することができます。

▼この例だと自分を対象にしてるのであんまり意味がないかもしれないですけども、誰か他の人の投稿を覗いてみたいときに便利かもしれないですね。
twitter-search-from-02

最後に

便利な方法なのでぜひお試しください。

Twitterに関して他にも記事を書いてますのでこちらもどうぞ。

キーワード
WEBサービス