iPhoneで動画を撮る時にカメラを使うよりも不利なポイント

iPhoneで動画を撮る時にカメラを使うよりも不利なポイント
関連キーワード
映像

最近のiPhoneはカメラの性能がどんどん上がっているため、写真も動画もデジカメを使わなくても十分間に合うことが増えてきました。

それでもやっぱり普段からフルサイズミラーレスカメラを使ってるとiPhoneでは難しいと思える場面があり、特にここがiPhoneにとってデメリットだと感じていることについてまとめました。

この記事の前提について

この記事をなぜ書こうかと思ったかというと、YouTubeを始めたいという方が相談に来る機会が増えてきて、その度に「スマホのカメラで十分か、機材投資するべきか」を説明しています。

どういう動画を撮りたいかをヒアリングし、予算に応じて追加購入するべき機材があればご提案してるんですが、意外とどんな場合でもスマホのカメラで十分なんですよ。余程拘らない限りはスマホの動画で良いと思っていて。

というわけなので、ほとんどの場合は「ではまずお手持ちのスマホのカメラアプリから始めましょう」となるんですが、そんな時のデメリットがいくつかあるので、それをまとめておきたかったんです。

そして冒頭で「スマホ」ではなく「iPhone」と書いてますが、僕がiPhoneユーザーなのでiPhoneの例しか挙げられません。そして、有料のアプリは使わずに純正のカメラアプリしか使わない前提です。有料のアプリを使うと解決できることもありますので、それはまたそのタイミングで触れます。

iPhoneの純正カメラアプリで解決できない問題

前置きが長くなりましたが、ここからiPhoneの純正カメラアプリを使った場合に、フルサイズミラーレスカメラなどを使った時と比べて不利なポイントについて挙げていきます。

ホワイトバランスを固定できない

僕が最も気になっているのが「ホワイトバランスを固定できない」こと。ホワイトバランスっていうのはざっくりといえば「色味」です。

ホワイトバランスが固定できないと、動画撮影中に青っぽくなったり黄色っぽくなったり変化してしまうんです。

僕が知ってる限りだと「Pro Camera」っていう有料のアプリでホワイトバランスを固定することは可能です。ただ、純正のカメラアプリではできないんですよね。

シャッタースピードを指定できない

シャッタースピードを指定できないため、蛍光灯がついている環境ではフリッカー対策ができません。

フリッカーっていうのは画面がチカチカするアレです。撮影後に編集でどうにかすることはほぼ不可能なので、撮影時に画面がチカチカしたらもう終わりです。

こちらもiOSアプリ「Pro Camera」を使うことでシャッタースピードを指定できるので対策可能ではあります。

フリッカー対策する場合、シャッタースピードの設定についてはこちらの記事を参照してください。

一眼レフカメラで動画撮影時のフリッカーノイズを消すためにシャッタースピードを調整しよう
続きを読む

映像の距離と音声の距離を切り離せない

音声の問題も一つ挙げておきます。もしiPhone内蔵マイクを使うとするなら、カメラの映像の距離よりもマイクの距離を近づけたい場合に近づくことが出来ないのがデメリットです。

マイクが口から近いほど喋り以外の余計な音が入りにくく、編集で扱いやすくなります。スマホで撮ってると思われるYouTube動画を観ると、部屋の反響が気になることが多くて、それを回避するには口の近くにマイクを置きたいんですよね。

もしスマホとは別途音声収録するのでもよければ「ZOOM F2-BT」というピンマイク型レコーダーを使って解決できます。映像と別に音声を録音しておくため編集時に一手間かかってしまうものの、音声のクオリティが跳ね上がるのでおすすめです。

ピンマイク型レコーダー「ZOOM F2」がレベル調整無しで音割れせずに録音できて最高!
続きを読む

それでもほとんどの場合はスマホのカメラで十分

iPhoneを使った動画撮影では不便だと感じることはありますが、それでもほとんどの場合においてスマホのカメラで十分だと思ってます。

正直予算が許せばちゃんとした機材を導入した方が間違いなく良いんですが、どういう物差しで僕がスマホでの動画撮影のありなしを考えているかは下記の記事にまとめてます。

YouTubeの撮影はスマホのカメラでも十分かどうかに対する僕なりの回答
続きを読む

最後に

どの問題点もちょっと課金することで解決できることではあるんですが、個人的にはそろそろiOS純正のカメラアプリでもマニュアル撮影ができるようなモードが追加されても良いのになと思ったりします。

マニュアル撮影ほど細かい設定が出来なくても、せめて「ホワイトバランスの固定」と「フリッカー対策」くらいができたら最高なんですけどね。