IFTTTを使ってブログの更新情報をSNSに自動投稿する方法(TwitterとFacebookページ)

IFTTTを使ってブログの更新情報をSNSに自動投稿する方法(TwitterとFacebookページ)

「ブログを更新しました」という通知を更新された時間にTwitterやFacebookに流すとき、皆さんどうやってますか?

この度ブログ公式アカウントに関してはIFTTT(イフト)で自動投稿するように設定しましたので、僕が作ったレシピを公開します。

RSSフィードをトリガーにしてSNSに自動投稿するようにIFTTTで連携する

WordPressでブログが更新されたら自動でSNSに投稿するようにするために、IFTTTというサービスを利用すると便利なんです。

RSSフィードをトリガーにしてますので、WordPress以外でも使える方法ですよ。

IFTTTに登録

IFTTTを使ったことがない人はまず登録しましょう。

下記サイトにて「ユーザー名」「メアド」「パスワード」を登録するだけです。

RSSフィード⇒Twitter

ifttt_rss_sns_twitter

設定は超簡単で、RSSフィードと投稿先のTwitterアカウントを入れて、文章内に入れたいものを選ぶだけ。

▼こちらから僕のレシピを開いて改造するのが簡単だと思います。

▼RSSフィードをご自分のブログのものに置き換えるだけ。
ifttt_rss_sns_trigger

▼あとはお好みでURLやらタイトルやら表示させたい言葉を選びます。
ifttt_rss_sns_twitter_action

▼右側のここから簡単に放り込めます。
ifttt_rss_sns_feed_ingredients

RSSフィード⇒Facebookページ

ifttt_rss_sns_fb

設定方法はTwitterとほとんど同じです。

▼Twitter同様、こちらから僕のレシピを開いて改造すると楽ちんです。

▼こちらもTwitter同様、投稿するときに入れる言葉をいろいろ選べます。
ifttt_rss_sns_fb_action

Google+ページに自動で投稿するには

IFTTTを使ってGoogle+に投稿することはできません。

現状ではGoogle+ページにのみ、HootSuiteを使った方法で自動投稿が可能です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

最後に

WordPressのプラグインを使って自動投稿する方法もあると思いますが、プラグインをできるだけ使わない環境にしたい方や、そもそもWordPressじゃない方におすすめの方法です。

IFTTTはWEBサービス間の連携を取るのに超便利なサービスなので、他になにか面白い使い方が思いついたらブログに書きますね。

キーワード
WEBサービス