Ingressでレベル4のレゾネーターが貴重とされている理由

Ingressでレベル4のレゾネーターが貴重とされている理由

堀さんの「イングレス初心者におすすめ!レベルごとの行動指針」という記事に、レベル4のレゾネーターが貴重だと書かれていまして、レベルが低いうちはピンと来てませんでした。

最近ようやく理由が分かったんですが、本当に貴重なレゾネーターですね。これはレベル低いうちから温存しておく価値があります。

レベル4のレゾネーターがなぜ貴重なのか

冒頭で紹介した堀さんの記事から引用しますと、

Level 4 レゾネーターは Level 7-8 になって最も枯渇しやすい貴重なレゾネーターです。出来る限り Level 1-3、そして Level 5 を優先して利用しましょう

最初のうちはレベル4よりレベル5を優先して利用するという意味が全く分かりませんでした。レベル高い方がより貴重な気がしますから。

しかし、下記の記事を読んで納得しました。

こちらも本文を引用します。

レベル7以上になると、高いレベルのXmpバースターのほかに、レベル4のレゾネーターが意外と不足しがちになります。

これは、ポータルをデプロイするときに、1人のエージェントが配置可能な各レベルのレゾネーターの数に制限があるためです。レベル7のエージェントがポータルをデプロイするとき、レゾネーター8本の構成は最高でも「76554444」となります。レベル8以上のエージェントでは「87665544」となり、いくらレベルが上がっても、1人でデプロイする限り、レベル4レゾネーターが複数必要になります。

一方で、上記のようにレベル7~8のエージェントがデプロイしたポータルはレベル5になるため、ハックしてもレベル4のレゾネーターは低確率でしか手に入りません。レベル7以上のエージェントは、レベル4レゾネーターの使用頻度のわりに、入手の機会が少なくなってしまうのです。

「1人のエージェントが配置可能な各レベルのレゾネーターの数に制限がある」ことでレベル4のレゾネーターは使用頻度が高い割に入手しにくくなっていくということですね。

レベルごとに設置可能なレゾネーター数の一覧表も見やすかったので引用させていただきます。

1人のエージェントが1つのポータルに設置可能な、各レベルのレゾネーターの数

レベル8 1本
レベル7 1本
レベル6 2本
レベル5 2本
レベル4 4本
レベル3 4本
レベル2 4本
レベル1 8本

各レベルのエージェントが1つのポータルに設置可能なレゾネーター8本の配置と、そのときのポータルのレベル

レベル8 87665544(レベル5)
レベル7 76655444(レベル5)
レベル6 66554444(レベル4)
レベル5 55444433(レベル4)
レベル4 44443333(レベル3)
レベル3 33332222(レベル2)
レベル2 22221111(レベル1)
レベル1 11111111(レベル1)

レベル4レゾネーター不足を補うための技

ポータルをハックする際、ポータルのレベルと同レベル前後のアイテムが手に入ります。

なので、

  • 敵ポータルを破壊してレベルが下がったところでハック
  • 中立ポータルにいくつかだけレゾネーター挿して低レベルのうちにハック

で対処できると思います。

最後に

LV4レゾが足りないってのは甘え」っていう記事も見かけました。

たしかにあまりむきになってため込まなくてもいいんですが、どうせレベルが低いうちはポータルを死守できないので、リンク貼りたくて8本挿さないといけない状況以外ではレベル4レゾネーターは温存しててもいいのかなと個人的には思ってます。

キーワード
iOSアプリ