趣味の映像撮影で4Kって必要?4Kで撮影するメリットとデメリット

趣味の映像撮影で4Kって必要?4Kで撮影するメリットとデメリット
関連キーワード
映像

最近は4Kで撮影できる機材が増えてきて、僕自身4K撮影する機会も多くなりました。

iPhoneでも4Kが撮影できたりしますが、そもそも4Kでの撮影ってどんな時に必要なのか分からず使ってる方も少なくないんじゃないかと思い、4K撮影のメリット・デメリットについて解説します。

4K撮影のメリット

まずは4Kで撮影した時のメリットについてまとめていきます。

ちなみに、最終的に4Kで出力したい場合には4Kで撮影せざるを得ないので、その場合はメリット・デメリットとか考えるまでもなく否応なしに4Kで撮影してください。

フルHDで編集する際にクロップできる

僕が4Kで撮影する際にメリットだと感じてるのは1点のみ。フルHDのサイズで編集する時にクロップできることです。

つまり編集でどうにかできる余裕が生まれます。

フルHDの解像度は「1920×1080」、4Kの解像度は「3840×2160」。フルHDと比較して4倍の面積です。

こちらはPremiereの画面。右上に表示されてるのが4K撮影した映像のプレビューで、引いたらこの辺りまで映ってます。

編集時にもうちょっと寄りたいと思った時に、ここまでアップにできます。

このような編集をフルHDで撮影していた映像でやろうとすると、めちゃめちゃ画質が悪くなります。

撮影時に画角を決めている場合は全く問題ありませんが、とりあえず撮っておいて編集時点で考えるっていう、事故を防止できるのが4Kでの撮影のありがたさです。

4K撮影のデメリット

4K撮影することでのデメリットはいくつかあって、「最終的な出力が4K」か、「編集時にクロップする可能性がある」場合以外ではフルHDで撮影しておいた方が良いと思います。

データが大きい

先ほど解像度の話をしました。フルHDに比べて4倍の面積の大きさなので、単純計算でも4倍のデータ量です。

SDカードがあっという間にいっぱいになるので、空き容量に余裕がない場合にはおすすめしません。

カメラが熱暴走で止まることがある

カメラのスペックによって、4K撮影をしているとカメラ本体が熱くなって停止することがあります。

僕が使っているEOS R6というカメラは4K撮影が30分程度しかできず、一度止まったらしばらく休ませる必要があって不便です…。

安いSDカードだと撮影できないことがある

SDカードに「V60」といった数字が書かれていまして、これをビデオクラスと言います。

4K撮影はV60以上が推奨とのことで、V30の安いSDカードでは撮影できないこともあったりします。

一応、推奨ということなので撮影自体は多分できるんですけど、撮れてなかったという事故を防ぐためにも、書き込み速度が高速なSDカードを使いましょう。

僕が使ってるのは「ProGrade Digital GOLD」です。

SDカード「ProGrade Digital UHS-Ⅱ GOLD」の価格が安い理由が分かったのでこれを使うことにしました
続きを読む

編集時にパソコンが重くなることも

パソコンのスペックによっては、4Kの動画を扱うだけで動作が重くなることも。

データ容量が大きいのでしょうがないんですけどね。

ハイスペックマシンを使ってる方であれば問題ありませんが、一昔前のパソコンをお使いの方はどのくらい動作が重くなるか実験してから実戦で使うことをおすすめします。

log撮影する必要があるかどうか

4K撮影と共に「log撮影」に興味を持って調べる人もいると思います。

同じようにlog撮影のメリットとデメリットについてまとめましたので、こちらの記事もご覧ください。

編集時の自由度が高まるけどデータがでかいという意味では、4K撮影のメリット・デメリットと似てます。

log撮影のメリットとデメリット
続きを読む

YouTube始めたい人におすすめしたい記事まとめ

YouTubeを始めたい方から相談を受ける機会が増えてきまして、どんな機材を使ったらいいか、いくつか記事を書きました。

それらの記事のリンクを貼っておきますので、こちらも参考にしてみてください。

スマホでの撮影で十分かどうか

YouTube始める場合、カメラを買うorスマホで撮るの二択で迷うことがありますが、ほとんどの場合はスマホで間に合うと思ってます。

というか、予算が潤沢にない場合はカメラを買うこと自体が高いハードルになっちゃうんですよね。

YouTubeの撮影はスマホのカメラでも十分かどうかに対する僕なりの回答
続きを読む

iPhoneで撮影する場合に気をつけること

ほとんどの場合はスマホでの撮影でも十分だと思うものの、気をつけなきゃいけないポイントがあるのでそれらをまとめました。

iPhoneで動画を撮る時にカメラを使うよりも不利なポイント
続きを読む

おすすめ機材(低価格編)

いざカメラを買おうとなった時、なるべく低予算でという相談も受けるので、僕が知る限りの機材でおすすめできる安価なカメラをまとめました。

YouTube用の動画撮影のためにカメラを買う場合、なるべく低予算で抑えるなら何を買うか【2022年版】
続きを読む

おすすめ機材(そこそこ予算がある場合)

予算が40〜50万円くらいある場合は、カメラを買っちゃった方が綺麗な映像が撮れるだけでなく使い勝手も良いのでおすすめです。

こちらも僕が知る限りのおすすめ機材をまとめてますので、ガチでYouTubeやりたい人はこちらをどうぞ。

YouTubeで映像にこだわりたい人におすすめのカメラまとめ【2022年版】
続きを読む

趣味でも仕事でも、環境が揃ってるなら4K撮影はおすすめ

僕は趣味でも仕事でも、可能な限り4Kで撮影しておきたい派です。

引きで撮っておいていざというときは編集で寄るっていう使い方は、事故を防ぐことができて便利なんですよね。

ただ、デメリットをご覧いただいた通り、解決するためにお金がかかるものばかりなので、手持ちの機材やお財布と相談しながら4K撮影を検討してみてください。

キーワード
映像