EOS R5ではなくR6を買った理由

EOS R5ではなくR6を買った理由

EOS R6を購入したんですが、ここに至るまでSONYに乗り換えようかEOS R5にするか、いろいろと迷いました。

単純にR5が高くて手が出なかったという理由ではあるんですけども、R6の購入を決断した理由についてブログに書き留めておきます。

EOS R5とEOS R6の比較

EOS R5とR6を比較して、R5の方がよかったと思える点を挙げてみます。

まずは画素数。R5は約4,500万画素、R6は約2,010万画素と、R5はかなりの高画素機です。ちなみに、EOS Rは約3,030万画素なので、R6は画素数でいうとEOS Rよりも低画素なんですね。

次にCanonで初となる8Kでの撮影。R6では4Kでの撮影は可能ですが、8Kで動画が撮影できるのはR5のみです。

そして、どちらもデュアルスロットですが、R6はSDカードが2枚なのに対して、R5はSDカードとCFexpressという2枚。CFexpressを使うと連続撮影可能枚数が多いようで、連写を重視したい人はR5を選ぶのが良いと思います。連写速度に違いは無いそうなので、あくまで撮影する枚数の話です。

他にも細かい違いはあるものの、大きな違いはこの辺りです。ご覧の通り、プロが現場で使うカメラとしてはR5が良さそう、という印象です。

EOS R6で十分だという判断

金額差が15万円ほどあるのに、機能のポイントとなるところはR6も十分カバーしてますし、R5じゃないといけない理由が薄かったんですよね。差額の15万円でいろいろなものを買えるので、ここでカメラ1台に投資するにはちょっと高いなと…。

8K動画撮りたいとか、大量に連写したいからCFexpressがいいとか、そうでもないとR5にする必要性がなかったんです。

画素数で言ってもR6でも十分です。僕の用途だと写真は幅が1920ピクセル程度にリサイズして使うので、全く問題ない範囲でした。

何より今回カメラを買うにあたって一番重要視したのはボディ内手ブレ補正なので、R5とR6にはその点で差がなく、R6で良いと思って購入した次第です。

SONYに乗り換えるには腰が重かった

そして、EOS R5にするかR6にするかという迷いだけでなく、SONYへの移行も検討していました。

まだ2本しか持ってないとはいえRFレンズが我が家にある状況でSONY機への移行は腰が重すぎましたね。

正直、EFレンズからRFレンズへの乗り換えを考えるとSONYに移行するならEOS Rを買う手前だったなと思うんですよ。当時は写真にも比重を置いてましたし、Canonが気に入ってたんですよね。

僕がカメラもレンズも持っていないところから機材を揃えるのであれば、今ならSONYを選びそうだなとは思ってます。

最後に

EOS R6を購入してよかった点については下記の記事にまとめてあります。

現状めちゃめちゃ気に入ってまして、今後はYouTubeでもこのカメラを使っていきますので、そちらもお楽しみに。

EOS R6を購入!5D Mark ⅣやEOS Rと比較して使い勝手が良かったことをまとめました
続きを読む

EOS R6に関連する記事

キーワード
カメラ