動画撮影や生配信用のカメラを低予算で手に入れるなら何を選ぶのが良いのか

動画撮影や生配信用のカメラを低予算で手に入れるなら何を選ぶのが良いのか

先日カメラ購入の相談に乗りまして、その時の条件が「イベントなどの生配信を2カメ以上でやりたい」ということで、カメラもレンズも数が必要になるということもありなるべく低予算で揃えるなら何がいいのかを真剣に考えてしまいました。

動画配信や動画撮影をするカメラを選ぶにあたり、低予算となると最新機種が選択肢から外れる中、少し前の機種の中でも優秀なカメラは多いのでいくつかご紹介します。

いつまでも値下がりしない優秀なカメラ「SONY α7Ⅲ」

最近優秀なカメラが続々出てきて、予算が許すなら最新機種がおすすめなんですが、予算を押さえるとなるとちょっと前の機種を選ばざるをえないんですね。

そんな中で、多少型落ちになってきたものの、いつまでも人気のカメラの一つが「SONY α7Ⅲ」です。

僕の友人もこのカメラを使って映像作品作ってますし、やはり動画はSONYが強いですね。

ホントはもっと安くなってくれるとありがたいんですが、新製品がどんどん出ていく中で全く値崩れしないのは、それだけ使い勝手が良くて人気であるということなんですよね。

SONY純正のレンズは高いので、タムロンやシグマなどのレンズと組み合わせるとより一層低予算で揃えられると思います。

YouTuber御用達の「GH5」

こちらもα7Ⅲ同様、なかなか値段が落ちてこないどころか、ちょっと前までもっと安かった気さえする「GH5」です。

フルサイズ機ではないので背景をボケさせるような使い方よりも、手前も奥もシャープに見せるような使い方をしたい時に活用できます。

手振れ補正が強力なことから愛用しているYouTuberも多いカメラです。

三脚に据え置きして使うなら、「GH4」という選択肢もあります。手振れ補正がないため三脚は必須ですが、7万円程度で購入できるので台数が必要な時にはこちらもありですね。

Canon派なら「EOS R」や「EOS RP」

EOS R5とEOS R6が素晴らしいスペックで発売された今、予算が許すなら絶対この2機種がおすすめなんですけども、EOS R6が30万円ほど、EOS R5だと45万円ほどします。

例えばそれぞれ1台ずつ買ったとして、それぞれのレンズを買ったら、選ぶレンズによっては100万オーバーしかねないので、なかなか予算的に難しいと思うんですよね。

「EOS R」は僕が現在動画撮影に使っているカメラですが、優秀な点は結構あるんですよ。

「EOS RP」でも配信用と割り切れば十分だと思います。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」は、Blackmagicの製品の中では比較的手頃な価格の製品で選択肢としてありかなと思ったんですが、電池持ちが悪いので今回は向いてないかもしれないです。

例えば他に3カメくらいあってそれらは全て三脚に固定し、1台は手持ちで動きを見せるみたいな使い方をする時にBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが1台あると綺麗な映像を映すことができて良いかもしれないですが、とにかくそんな感じでプラスアルファするようなカメラかなと。

映像作品作りには大活躍してくれると思いますけどね。

最後に

あくまで僕の主観で選びましたけども、使い方によっては高性能でお手頃価格なカメラはいくつかありますので、ぜひチェックしてみてください。

カメラを複数台手に入れたら、ビデオスイッチャーも必要になりますが、ATEM Miniは安くていろいろ使えるので、こちらもおすすめです。

生配信で複数台のカメラを使えるように「ATEM Mini」を購入!良かった点とProとの違いをまとめました!
続きを読む
キーワード
カメラ