バンドマンはGoPro持っておくと便利!スマホでの動画撮影よりも向いている理由

バンドマンはGoPro持っておくと便利!スマホでの動画撮影よりも向いている理由

GoPro HERO7 Blackを愛用してまして、最近はバンドマンとの相性のいいカメラだなと感じることが多いです。

スマホで自撮りしているバンドマンが増えてますが、GoProもおすすめなので、僕なりにGoProをバンドマンにおすすめしたい理由についてご紹介します。

GoProがバンドマンにおすすめな理由

GoProをバンドマンにおすすめしたい理由について順番に書いていきますね。

GoProはiPhoneより広角

GoProの良さの一つが画角の広さです。だいぶ広角なんですよね。

ライブの時やスタジオでの自撮り動画は、iPhoneで撮れば手軽ではありますが、画角が狭いために設置場所に苦労したりします。

例えばこちらの映像はステージの足元に置いて撮影してますが、これくらい近い場所に設置しても広く撮影できるのはGoProの強みですね。

アクセサリーが充実している

GoProはアクセサリー類が充実していて、設置する際の自由度が高いです。

マイクスタンドにアームを付けるっていう使い方もできますし、シンプルに三脚に設置するのでも良いですし。

僕は普段ライブで自撮りする際は、ミニ三脚をつけて床に置いて煽りで撮影しています。

関連記事『GoPro用のハンドグリップが便利!自撮り棒としてもミニ三脚としても使える!』のサムネイル画像
GoPro用のハンドグリップが便利!自撮り棒としてもミニ三脚としても使える!
続きを読む

GoPro HERO7 Blackなら手ぶれ補正によって音による振動にも強い

GoPro HERO7 BlackはこれまでのGoProよりもさらに手ぶれ補正機能がついていて、手に持って動きながら撮影しても手ぶれ感は全然ありません。

アンプからの音もドラムに生音も爆音ですし、スマホだと多少揺れが伝わる可能性があるんですよね。

GoProであればその振動を気にせずに済むのがメリットだと思います。安心感がありますね。

モニターが必要であればDJI Osmo Actionがおすすめ

GoProの弱点は自撮り用のモニターがないこと。事前に撮影場所をしっかりと決めて固定してしまえば問題はないですが、その辺に適当に置いて撮影することも多くて、モニターがないと不安なんですよね。

そんな不安はDJI Osmo Actionなら解決です。価格も同じくらいですし、スペックもかなり高いですし。

バンドマンが読んだ方が良さそうなGoProに関連する記事

過去に書いたGoPro関連記事の中から、今回の話と直結しそうな記事をピックアップしてご紹介しておきますね。

GoProのデータをさくっとiPhoneに転送するには

バンドで使うとなると時間が5分を超えるような使い方が想定されるので、Wi-Fiを使った転送ってストレスだと思うんですよ。

GoProのデータをiPhoneに転送する最短の方法は、SDカードリーダーを使う方法です。SDカードリーダーもかさばるものではないので、楽器ケースに忍ばせておきましょう。

関連記事『GoProのデータをできるだけ速くiPhoneに転送するにはSDカードリーダーがいい』のサムネイル画像
GoProのデータをできるだけ速くiPhoneに転送するにはSDカードリーダーがいい
続きを読む

GoProに対応したmicroSDカード

GoProを長時間使用すると熱を帯びてくるので、必ずメーカーが推奨しているmicroSDカードを使いましょう。そのmicroSDカードについて書いた記事がこちらです。

関連記事『GoProに入れるmicro SDはSunDisk ExtremeかSunDisk Extreme Proじゃないといけないらしい』のサムネイル画像
GoProに入れるmicro SDはSunDisk ExtremeかSunDisk Extreme Proじゃないといけないらしい
続きを読む

最後に

GoProってやっぱり便利だよなと思うんですよ。スマホのカメラはもちろん手軽なんですが、一眼レフカメラやビデオカメラを持ち歩くよりはGoProの方が楽ですしね。

街ブラ系の動画はOsmo Pocketの方が便利な気がしますが、ライブ撮影などは今日紹介した理由が生かせるGoProがおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

【c】GoPro

キーワード
カメラ