GoProユーザーから見たOsmo Pocketのうらやましいところまとめ

GoProユーザーから見たOsmo Pocketのうらやましいところまとめ

普段使い用のアクションカメラとして、GoPro HERO7 BlackとOsmo Pocketのどちらを買うか迷ってる人を多く見かけます。

GoProユーザーとしてGoProの気に入ってるところと、Osmo Pocketのうらやましいところをまとめたら参考になる方も多いんじゃないかなと思ったので、まとめてみました。

GoPro HERO7 Blackの良いところ

僕がGoPro HERO7 Blackを使っていて個人的に気に入ってるところは下記の通りです。

  • 手ぶれ補正機能が優秀
  • 画角が広い
  • アクセサリーが豊富
  • 防塵防水

とにかく手ぶれ補正機能と画角の広さのおかげで、普段使いしやすいんですよ。適当に撮ってもなんかいい感じに撮れてるという。

Osmo Pocketに比べてアクセサリーが豊富なのもメリットですね。やりたいことがだいたい実現できます。

がっつりとアクションカメラとして活用してるわけではないので、防塵防水がありがたいと思えるシチュエーションはないんですが、一応急な雨でも大丈夫という安心感はあります。

上記の4点に加えて「4K 60fpsで撮影できる」のも強みですが、現状だと4Kで撮るメリットがあんまりなくて、最近はフルHDの30fpsで撮影することが増えました。数年後また環境が変わったらわからないですけどね。

Osmo Pocketのうらやましいところ

そんなGoPro HERO7 Blackの良いところを踏まえて、Osmo Pocketのスペックやユーザーの声を聞いてうらやましいと思ったところがこちら。

  • モニター付きで自撮りが楽
  • ジンバル一体型のため水平を保てる
  • GoProよりカメラの存在感がない

モニター付きで自撮りが楽

自撮りをする際にはモニターがあるとやっぱりやりやすいですね。GoProで自撮りする際は勘でやってます。

GoProよりも画角が狭いのが欠点とされていましたが、最近画角を広くするレンズが出たらしいので、それを使えば自撮りもしやすいかなと思います。

ちなみに、自撮り用のモニターが必要というだけであればOsmo Actionも候補に入ってきます。もちろん他にもいろいろとGoProにはない特徴があるので、詳しくは下記の記事をどうぞ。

関連記事『GoProを比べたときにOsmo Actionの方がいいなと思ったことまとめ』のサムネイル画像
GoProを比べたときにOsmo Actionの方がいいなと思ったことまとめ
続きを読む

ジンバル一体型のため水平を保てる

GoPro HERO7 Blackも手ぶれ補正機能が付いてるため手で持って撮影しても全然ブレないのはいいんですが、自動で水平になってくれるわけではないので、持つときに結構神経質になるんですよね。

Osmo Pocketはジンバル一体型のため、比較的雑に持ち歩いても水平で見やすい動画を撮影できます。

個人的にはこれが一番うらやましい点だなと感じてます。

GoProよりカメラの存在感がない

GoProって小型ではあるんですが、撮影していることがはっきり分かるくらい目立つサイズなんですよ。

Osmo Pocketはレンズのある先端の部分がめちゃめちゃ小さいので、胸ポケットにでも入れちゃえば全然目立たずに撮影できます。

もちろん盗撮を進めているわけではなくて、旅行中の記録として撮影する際などにあんまり目立つとやりにくいこともあるんですよね。GoPro持って歩いてたらめちゃめちゃテンション高い人がこっちに向かってアクション起こしてきたこともあるので。

【追記】Osmo Pocketを購入しました

GoProよりもOsmo Pocketの方がいいと思ってるところがずっと頭の中にありまして、後日購入しました。

僕がOsmo Pocketの購入を決断した頃にはOsmo Actionという選択肢も出てきましたが、いろんな理由からOsmo Pocketをチョイスしましたので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

関連記事『GoProユーザーの僕がOsmo Pocketを購入した理由とOsmo Actionを選ばなかった理由』のサムネイル画像
GoProユーザーの僕がOsmo Pocketを購入した理由とOsmo Actionを選ばなかった理由
続きを読む

最後に

GoPro HERO7 BlackとOsmo Pocketのどちらを選ぶか、この記事が参考になれば幸いです。

ちなみに、両方買ってみて馴染まなかった方をメルカリで売るのもありだと思います。

キーワード
カメラ