GoProユーザーの僕がOsmo Pocketを購入した理由とOsmo Actionを選ばなかった理由

GoProユーザーの僕がOsmo Pocketを購入した理由とOsmo Actionを選ばなかった理由

GoPro HERO7 Blackを愛用してますが、この度「Osmo Pocketオズモポケット」を購入しました。

ざっくり分類すると同じアクションカメラというジャンルのアイテムですが、今の自分にとってはOsmo Pocketがベストだなと感じて購入しましたので、その理由などをつらつら書いていきます。

また、「Osmo Actionオズモアクション」ではなくOsmo Pocketを選んだ理由についてもご紹介します。

GoProユーザーの僕がOsmo Pocketを購入した理由

以前に「GoProユーザーから見たOsmo Pocketのうらやましいところまとめ」という記事を書きました。

関連記事『GoProユーザーから見たOsmo Pocketのうらやましいところまとめ』のサムネイル画像
GoProユーザーから見たOsmo Pocketのうらやましいところまとめ
続きを読む

ここに書いている理由が下記の通りでして、

  • モニター付きで自撮りが楽
  • ジンバル一体型のため水平を保てる
  • GoProよりカメラの存在感がない

今自分がやりたいことを考えたときに、この3点をクリアした方が良いなという結論に至りました。

この3点の理由を含めて、Osmo Pocketを購入した理由について順番に書いていきます。

自撮りが楽になるモニター

GoProで何が困ったかというと、自撮りする際にどういう画角で撮れてるのかが全く分からなかったことなんですね。

僕の目線と同じような画角での撮影は全く問題がないのですが、なるべく手軽に自撮りがしたかったので、Osmo PocketにするかOsmo Actionにするかと考えるようになりました。

水平を保つことができる

ジンバルを使わずに(というかジンバル一体型のために)水平が保てるのもOsmo Pocketの強みです。

ぶれが少ないだけでなく水平で撮影できると、それだけで綺麗に見せることができるんですよね。

撮影している感が薄くなる

以前旅行中にGoProを持って散策していたら、向こうからテンションの高い外国人の方がカメラに向かってアクションを起こしてきました。GoProって撮ってる感がすごいんですよね。

もちろん盗撮をするわけではないんですけど、なるべく撮影している感が薄い方がいいなと思っていて、Osmo Pocketであればボディ部分を握ってしまえばレンズの部分は小型なので、目立たず撮影できて良いなと思いました。

手ぶれ補正が強力

最後に強力な手振れ補正機能について。これはGoPro HERO7 Blackでも十分なんですけども、上記3点をクリアしたうえでやっぱり手ぶれ補正機能は重要だと感じてます。

お散歩カメラとしても使えるので旅行の記録も撮れますし、机の上に置いたものを撮影する際にも僕の手の震えを抑えてくれるのは重要です。(みなさんよりも手の震えが強力なタイプなんです…。)

GoProと比較してOsmo Pocketが良かった点

購入した時点では気づいてなかったものの、実際に使ってみたらGoProよりもOsmo Pocketの方が良かったと感じたことがいくつかありましたので挙げていきます。

アクティブトラッキング機能

Osmo Pocketには対象物を追いかけてくれる「アクティブトラッキング」という機能がありまして、カメラを置いて自撮りする際に便利そうだなと思いました。

ライブの演奏動画でも活用できそうですね。

iPhoneとの接続でモニターが見やすい

GoProとiPhoneを無線接続してiPhoneをモニターにすることができるんですが、接続までに時間がかかるのがストレスでした。

Osmo PocketはiPhoneと物理的に接続するだけで即モニターとして使えるのが便利です。

こんな感じで、すぐにでかいモニターで映像を確認できるのは最高です。

電源のオンオフが分かりやすい

GoProは電源のオフがしにくいというか、電源がちゃんと落ちてるかどうかが分かりにくいんですよ。そのせいで使いたい時にはバッテリーがゼロということが何度もありました。

Osmo Pocketは電源のオンオフが分かりやすいため、電源が気がついたらゼロになってるという事故は起こらなそうです。

Osmo Actionを選ばなかった理由

Osmo Actionという選択肢ももちろんありましたが、今回はOsmo Pocketを選びました。

Osmo Actionを選ばなかった理由はものすごくシンプルで、GoProとより離れているアイテムを選んだだけです。GoProを手放して買い替えるならOsmo Actionを買っていたと思いますが、GoProと併用するならタイプの違うOsmo Pocketの方が活用の幅が広がるんじゃないかと。

ジンバル一体型であることと、撮影してる感が薄いこと、そしてアクティブトラッキング機能あたりが、Osmo Actionよりも今の自分の環境に適してそうです。

もちろん今後改めてOsmo Actionを買うこともあるかもしれませんが、まずはGoProとOsmo Pocketの2台体制で使い倒したいと思います。

最後に

ハンバーガー屋さんの食べ歩き動画を撮りたくて、ハンバーガーが冷める前に手早く綺麗に撮影するためには、テーブルに置いても邪魔にならずにモニター付きで手ぶれ補正が強力なOsmo Pocketが向いてるなと思ったのが最後の決め手でした。

今後動画コンテンツができましたら、そちらもブログでご紹介しますのでお楽しみに。

キーワード
カメラ