Canonの大三元レンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を購入!

Canonの大三元レンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を購入!

ライブ撮影でF2.8通しの望遠レンズが欲しくなって、Canonの「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を購入しました!

実際に撮影してみたところ、めちゃめちゃいいレンズだということが実感できたのでご紹介します。

EF70-200mm F2.8L IS II USM

箱がかなりでかいです。

レンズを入れるソフトケース付き。

EF70-200mm F2.8L IS II USMがこちら。

オートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えスイッチに加えて、撮影距離に応じてAFの作動動作が短くなるスイッチが付いてます。

その下には手ぶれ補正のオンオフと、モード切り替えボタン。基本はMODE1のままで良さそうですが、流し撮りではMODE2が向いてるそうです。

三脚座が付いていて、三脚に付けるとこんな感じです。

ちなみに、EF70-200mm F2.8L IS II USMを撮影するために使ったレンズはEF50mm F1.8 STMです。価格の割にいい感じに撮れるので普段使いのレンズとして重宝してます。

キャノンの撒き餌レンズ「EF50mm F1.8 STM」が1万円台と思えないコスパの良いレンズ!初めてのレンズに最適!
続きを読む

爆速なオートフォーカス

これまで望遠レンズはタムロンの70-300mmのレンズを使ってました。

タムロンの70-300mmの望遠ズームレンズがコスパ良くて使いやすい!
続きを読む

このレンズの方がより望遠で撮れる訳ですけども、300mmまでズームするとF値が5.6になってしまってだいぶ暗かったんですよね。EF70-200mm F2.8L IS II USMはF2.8通しなので、どの焦点距離でも明るい写真が撮れるのは嬉しいです。

そしてレンズの明るさに加えて実際に使ってみて実感できたのは、オートフォーカスの速さです。フォーカスがビシッと決まるので、撮影していてものすごく気持ち良いです。

ライブ撮影をしているとオートフォーカスの速さは超重要なので、今後はシャッターチャンスを逃さずにアーティストのいい表情をバシバシ撮れそうです。

EF70-200mm F2.8L IS II USMの作例

EF70-200mm F2.8L IS II USMで撮影した写真をご紹介します。カメラは5D Mark Ⅳです。

近所の公園で撮ったもの

購入初日に近所を散歩して適当に撮った写真です。何も考えずに適当に撮ってもいい感じに撮れました。

2018年6月5日湯野川広美@西新宿MELODIA Tokyoライブレポ

2018年6月5日に西新宿MELODIA Tokyoにて湯野川広美のライブがあり、そのライブで撮影させていただきました。この日はレンズを付け替えずに撮影したので、下記の記事に載せてある写真は全てEF70-200mm F2.8L IS II USMで撮影したものです。

2018年6月5日湯野川広美@西新宿MELODIA Tokyoライブレポ
続きを読む

2018年6月5日中村ピアノ@西新宿MELODIA Tokyoライブレポ

同日、中村ピアノちゃんのライブも撮影させていただきました。こちらも同じく全てEF70-200mm F2.8L IS II USMで撮影したものなので参照してみてください。

中村ピアノ メジャー1stシングル「銃声と花びら」リリース記念ライブ@西新宿MELODIA Tokyo
続きを読む

2018年6月30日Earls Courtワンマンライブ@下北沢CLUB251ライブレポ

友人のバンド「Earls Court」の撮影で、ようやくこのレンズを使って思った通りに撮影できるようになった手ごたえがありました。そんなライブレポがこちらです。

2018年6月30日Earls Courtワンマンライブ@下北沢CLUB251ライブレポ
続きを読む

最後に

とにかくいい買い物しました。

ライブ撮影で大活躍してくれるレンズなので、ライブなどを撮る機会が多い方はぜひチェックしてみてください。

キーワード
カメラ