フルサイズミラーレスカメラ「SONY α7C」が軽くて小さくて高性能でしかもバリアングルディスプレイで最高!

フルサイズミラーレスカメラ「SONY α7C」が軽くて小さくて高性能でしかもバリアングルディスプレイで最高!

Canonユーザーではありますが、他社製品もそこそこチェックしてまして、その中でも特にSONYが2020年9月15日に発表したフルサイズミラーレスカメラ「α7C」がすごいなと。

コンパクトな本体にフルサイズのセンサーを積んだとんでもないカメラが出てきたなという印象だったので、ざっくりとどんな感じのカメラなのかまとめておきたいと思います。

α7Cの特徴をざっくりと紹介

僕自身が以前はSONYのカメラを使ってまして、仕事でカメラを使うようになったタイミングで師匠であるカメラマンがCanon派だった影響で現在もCanonのカメラを使っています。

実はCanonのカメラを買うくらいのタイミングで、現在でも人気で値段がなかなか下がらない「α7Ⅲ」が発売されまして、その頃それを買ってたら僕は今でも「α7Ⅲ」一台で写真も動画もやってたんだろうなと思うくらい名機です。

どんなカメラを買ったら良いのかという相談を受けることも多数ありますが、ほとんどの場合α7Ⅲを勧めてます。CanonユーザーですけどEOS Rなどよりもα7Ⅲが良いなと思っちゃうんですよ。

前置きが長くなりましたが、α7Cはそんな名機であるα7Ⅲにすごく似たカメラだなと感じてます。できることはα7Ⅲに近く、その上でものすごくコンパクトになっているんですね。世界最小・最軽量をうたっていて、ボディの重さが509gです。

バリアングルディスプレイ

SONYのカメラでもバリアングルディスプレイの製品は多数あったんですが、フルサイズミラーレス機だと「チルトディスプレイ」という傾くだけのタイプだったんですよね。

ついにフルサイズミラーレスにバリアングルディスプレイが搭載されました。

僕が使ってるCanon EOS Rはバリアングルディスプレイなので使い勝手の良さは実感してますけども、自撮り動画撮る人にとっては最高ですよ。

SDカードスロットはシングルスロット

SDカードはシングルスロットですが、仕事でガチで使わない限りは問題ないと思います。

ちなみにα7Ⅲはデュアルスロットなので、データが消えたら困るような案件ではα7Ⅲの方が安心感はあります。

α7Cはどんな人に向いているのか

α7Cがどんな人に向いてるのかを僕なりに考えてみました。

カメラを普段から持ち歩きたい人

とにかく本体サイズが小さくてコンパクトです。選ぶレンズによってはめちゃめちゃ小さくて軽くすることができて、それでいてフルサイズというとんでもないカメラです。

そんなわけなので、普段からカメラを持ち歩きたい人に向いてます。

僕はわりとカメラを持ち歩く方なんですが、それでもそこそこ重いのでたまに置いて行っちゃうんですよね。そんな時に限ってカメラが必要になったりするので、軽さ・小ささは超重要です。

ちなみに、Canonのフルサイズミラーレス機(EOS Rシリーズ)は、本体は軽くなったもののRFレンズというEOS Rシリーズ用のレンズが重いものが多くて、結局そこそこの重量になります。SONYのレンズは軽いものも多いのでその点でもアドバンテージがあります。

自撮り動画を撮る機会が多い人

先ほども書きましたが、SONYのフルサイズ機はバリアングルディスプレイがずっとついてなかったので、ようやくフルサイズ機でも手軽に自撮りできるようになりました。

VLOGなどで自撮りしたいという方にはかなり向いているカメラです。

α7Ⅲ購入検討していた人

α7Ⅲを買おうと思ってたけどまだ買ってない人は、α7Cも候補に入ってくると思います。

先ほど特徴としてあげましたが、バリアングルディスプレイが良いかどうか、デュアルスロットである必要があるかどうかなどがチェックポイントかなと。

価格に大きな差がないため、僕ならα7Cを買うかなという印象です。

最後に

α7Ⅲが名機すぎて、価格が同じくらいであることを考えるとまだα7Cよりα7Ⅲの方がいいのではと思っちゃうんですが、コンパクトさとバリアングルディスプレイが魅力的なので、その辺りでピンときた方は即買いで良いと思います。

僕がSONY派だったら飛びついてるカメラですね。

Canon派の僕としてはEOS R6の購入を検討していて、EOS R5と比較しながら考えてみた記事がこちらです。

5D Mark ⅣとEOS RのユーザーがEOS R5とEOS R6のどっちを買うのが良いか考えてみた
5D Mark ⅣとEOS RのユーザーがEOS R5とEOS R6のどっちを買うのが良いか考えてみた
続きを読む
キーワード
カメラ