椅子に敷くだけで座った姿勢を正常に戻す「おしり枕」の体験取材を受けました!

椅子に敷くだけで座った姿勢を正常に戻す「おしり枕」の体験取材を受けました!

「OSHIRI MAKURA(おしり枕)」という、椅子に敷いて使う姿勢矯正用の座布団のようなアイテムを、モニターとしてメーカーさんから送っていただきました。

Zoomを使ったオンライン体験をさせていただきまして、体験取材を通して教えていただいた内容と、実際に使ってみた所感をまとめておきます。

座った姿勢を矯正してくれるので「おしり枕」

以前に「THE MAKURA」という枕の体験取材もさせていただいたことがありまして、その時に伺った話なんですが、キュアレの代表を務める整体師熊谷剛さんが「首を調整できるもの・普段から使えるもの・一般流通させやすいもの」というコンセプトで開発されたそうです。

おしり枕も同様のコンセプトで作られていて、椅子に座って長時間作業する方にとっては普段の生活で使えるものですし、座布団のようなものなので誰にでもわかりやすく一般に流通させやすいものですよね。

こんな感じで椅子の背もたれ側に寄せて置いて、ここに座るだけ。普段の生活が姿勢の矯正につながるというわけです。

そんなおしり枕の体験取材を、コロナ禍ということもあり、Zoomを使って遠隔地で行いました。そして今回も体験取材に対応してくださったのはキュアレの整体師塚本さんです。

おしり枕に座るだけでネックストレスを軽減できる

先ほど書きました熊谷剛さんが掲げたコンセプトの一つ「首を調整できるもの」。おしりに敷いて使うおしり枕がなぜ首の調整につながるのか、と思ってしまいますが、骨盤の位置を調整して姿勢を矯正することが、結果首の調整につながるそうです。

首は神経・血管・リンパ管が集中しているため、ネックストレス(首にかかる負担のこと)がかかると血液・体液の流れが悪くなり、酸素・栄養が届きにくくなります。

そして代謝の低下や体の冷えへと繋がり、体が硬くなる・疲れを感じるという不調に繋がっていくんですね。

つまり、おしり枕を椅子に敷いて座るだけで、ネックストレスが解消しやすくなり、それによって全身の体調もよくなっていくというわけです。

THE MAKURAの取材時にもネックストレスについて教わったんですが、とにかく徹底的に首をケアしたいとおっしゃっていました。

おしり枕の特徴

おしり枕は「骨盤と太もものフリー構造」が最大の特徴です。

座布団と違って太もも全体に敷くのではなく、太ももに当たらないように前面が短くなっていて、さらにそこに傾斜がついています。

良い姿勢を保つためには骨盤を固定させずにゆらゆらと揺らぐようにするのが良いのですが、太ももをべたっと当てるように座ると骨盤が固定されてしまうため、座面が短くて傾斜のついている作りにしているそうです。

また、椅子に当たる方の底面は硬いんですが、体に当たる面は程よく柔らかくなっていて、この絶妙な柔らかさも骨盤を適度に揺らがせるために研究されたとのこと。

骨盤をガチガチに固めてしまうような健康アイテムも多いそうなんですが、骨盤が働きやすい柔らかさで揺らげるようにと作られてるんですね。

背もたれ側の形状も特徴的で、サイドがカットされていることで、様々な形状の椅子にフィットするようになっています。ちょうどうちのリビングの椅子でピタリとハマりました。

通気性もよく、洗濯も可能です。清潔に保つことができるのも嬉しいところですね。

ワークチェアなどの良い椅子との組み合わて使ってもOK

人の体が一番苦手とする活動が「同じ姿勢をキープすること」だそうで、どんなに良い椅子を使っても座り続けるということが体に負荷を与えるそうです。

僕はエンボディチェアという20万円以上する椅子を使ってまして、良い椅子を使ってるから長時間パソコン作業ができると思ってたんですが、他の椅子を使ってるよりはマシっていうだけで、やはり長時間座り続けるのってよくないんですよね。

ハーマンミラーのエンボディを購入!アーロンチェアやエルゴヒューマンなどと比較してきました!
ハーマンミラーのエンボディを購入!アーロンチェアやエルゴヒューマンなどと比較してきました!
続きを読む

長時間座り続けることで体に負荷がかかってしまうので、それを少しでも改善できるようにおしり枕を組み合わせるとより良いとのことです。

ワークチェアでも同じようにおしり枕を敷くだけで使えます。

ちなみに、ソファなどで使うこともできて、その場合はおしりに敷くよりも背中側に置いて使うと良いそうですよ。おしりの高さよりも足の方が高くなるような場合には背中側に置いて使うのが良いそうで、車のシートで使うのもおすすめとのことです。

良い姿勢を長時間キープできるようになる

おしり枕の長期的な効果として、良い姿勢をキープする筋力がついてくるそうです。

もちろん、ずっと同じ姿勢にならないように適宜休憩をとって体を動かすのが最も良いんですけども、仕事に集中してついうっかり同じ姿勢になってしまうことも多いですからね。

体験取材後に2週間ほど使わせてもらってますが、かなり気に入りましたので、これからも使い続けて良い姿勢をキープできる筋力を鍛えたいと思います。

おしり枕の購入はキュアレ公式サイトかショールームで

おしり枕はキュアレの公式サイトで購入可能です。

Amazonでも購入できます。

新宿にショールームもありますので、実際に使ってみたいという方はこちらがおすすめです。整体師の方が対応してくれて、無料で体験させてもらえます。

寝ながら姿勢を矯正する「THE MAKURA」「ASHI MAKURA」もおすすめ

冒頭にも書きましたが、以前に体験取材させていただいた「THE MAKURA」は、取材後実際に使わせていただいてます。

元々使っていた枕もそこそこ良い物だったので、枕を変えて違和感がないかなど気になってましたが、あっという間に慣れてしまって今ではTHE MAKURA無しの生活に戻れないんじゃないかと思うほどです。

おしり枕同様、ネックストレスを軽減し、深い呼吸・深い睡眠を得ることができるようになります。

こちらに体験取材の時のレポートをまとめてますので、気になる方はチェックしてみてください。

寝ながら姿勢を矯正できてネックストレスを解消できる枕「THE MAKURA」の体験取材をしてきました!
寝ながら姿勢を矯正できてネックストレスを解消できる枕「THE MAKURA」の体験取材をしてきました!
続きを読む

また、「ASHI MAKURA」の体験取材もさせていただきました。こちらも素晴らしくて、僕は腰痛持ちなんですけどもだいぶ楽になった印象です。

寝ながら姿勢を矯正できる「ASHI MAKURA」の体験取材!枕以上にお気に入りのアイテムです!
続きを読む

最後に

「THE MAKURA」「おしり枕」の2つのアイテムによって、生活しているほとんどの時間を姿勢の矯正に使えるようになりました。

こちらの2つのアイテムを比較すると、おしり枕の方が安価で買いやすいですし、座り仕事が長い方におすすめですよ。

キュアレのTwitterとInstagramのアカウントもありますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

キーワード
生活