Twitterのアプリで「夜間モードをオン」にすると背景が黒くなって見やすい

Twitterのアプリで「夜間モードをオン」にすると背景が黒くなって見やすい

今年の夏頃にTwitterアプリでも夜間モードという背景が黒くなるモードが追加されたようですが、これがすごく見やすくて好みでした。

文字通り、夜使うのにもいいんですが、日中も背景が黒い方が文字も読みやすくていいんですよね。

Twitter公式アプリの夜間モード

一時期あまりやってなかったTwitterも最近はよく使ってまして、特にiPhoneのTwitter公式アプリを多用するようになりました。

背景色が暗いTwitterアプリって結構ありまして、例えば僕が使ってるTweetbotは背景を暗く切り替えることができるので気分で使い分けたりしてました。

で、肝心のTwitter公式アプリでの「夜間モード」の設定方法がこちらです。

タイムラインを表示している状態で左上にあるアイコンをタップ、もしくは画面を右方向へスワイプすると、左下に「三日月」のマークがあります。これをタップすると夜間モードに切り替わります。
Twitterアプリで夜間モードに切り替える手順

これで上記のキャプチャー画像の右側のように画面が暗くなります。

画面が白いとディスプレイの明かりが全力で出てるような気がして、夜使うにはちょっと明るすぎるんですよね。

あと例えばライブハウスのような薄暗い空間で使う際もディスプレイの光具合が少し抑えられるので周りの人への迷惑かけずに済むかと。ライブの転換中って結構時間あるからTwitterやりたくなりますしね。

最後に

ちょっとしたことなんですが個人的にはかなり気に入ってるのでご紹介しました。

暗い画面がお好みの方はぜひお試しください。

キーワード
WEBサービス