YouTubeをスマホで見るときに通信料を節約する方法

YouTubeをスマホで見るときに通信料を節約する方法

スマホでYouTubeの動画を見る機会って多いですよね。

僕の経験上、動画の再生が最も通信料を食うため、特に移動中などのWi-Fiが使えない環境ではあまり見過ぎないようにしています。

とは言っても見たいものは見たいので、できるだけ通信料を節約する方法を調べてみました。

Wi-Fi環境以外のときの画質を落とす

YouTubeの公式アプリでは、Wi-Fi環境下で再生した時のみ良い画質で再生するという設定が可能です。

つまり、LTEで通信する際には画質を自動で下げてくれるので、結果通信料を節約することになるというわけです。

▼YouTubeアプリを開いたら右上のボタンをタップし、設定を選択。「Wi-Fiの時のみHD再生」のチェックを入れます。
youtube-auto-play-01

これでWi-Fi環境下では高画質で再生され、それ以外の環境では画質を落とした状態で再生されるようになりました。

手動で画質を落とす

Wi-Fi環境時だろうがなんだろうが、画質を落としておくというのも一つの手です。

画質を落とすことで、多少電波が悪いところでももたることなく再生させることができます。

▼動画を再生させる画面の右上のボタンをタップし、画質を選択。初期設定は「自動選択」になってますので、好みのものを選んでください。小さい数字にするほど画質が下がります。
youtube-auto-play-02

例えば車で移動中に画面を見るわけでもなくラジオ代わりに使いたいという場合に有効な手段です。画面を見ないのであれば画質は関係ないですからね。

最後に

毎月なんのアプリで通信料をより多く食っているのか計測してるのですが、だいたい動画関係なので、YouTubeやTVerなどの動画アプリやSNS各種の使い方を気をつけるとだいぶ変わりますよ。

詳しくは下記の記事で解説してますので、併せてご覧ください。

キーワード
YouTube