YouTubeの公開制限「限定公開」と「非公開」の違い

YouTubeの公開制限「限定公開」と「非公開」の違い

YouTubeでは動画を自分だけ見れるようにしたり、友人だけに見せたりといった公開範囲の設定ができます。

その設定の中で「限定公開」と「非公開」の違いがいまいち分からなかったので調べてみました。

YouTubeの「限定公開」と「非公開」

YouTubeでは動画をアップロードする際に次の3段階で公開範囲を設定することができます。

  • 公開
  • 非公開
  • 限定公開

▼アップロードする際にこちらのプルダウンで選べます。
youtube-privacy-setting-01

▼アップした後でも動画の管理から編集に入って右下にある「プライバシー設定」を変更することができます。
youtube-privacy-setting-02

公開はともかく、「限定公開」と「非公開」はどう違うのか、順番に紹介します。

非公開

自分と、自分が指定した相手(Googleアカウント持ってる人)だけが見れるようになる設定です。URLだけを誰かに送っても見れません

▼非公開を選ぶと下にGoogle+のIDを入力する欄がでます。Google+でサークル分けしておくと便利ですね。
youtube-privacy-setting-03

非公開と言っても自分以外に見せられるのがいいですね。(指定した人と共有するような使い方だからこっちこそ限定公開っていう言い回しがしっくりくる気がするけども…)

世間的に絶対に公開したくない動画を特定の相手だけに見せたい場合にはこちらです。

YouTubeの非公開の動画を活用する方法!特定の人に見せることもできる!
続きを読む

あと活用できそうなケースとして、iPhoneで撮影した動画を非公開でアップロードして、のちにパソコンでダウンロードして編集して改めてアップロードするとか。

自分でYouTubeにアップロードした動画をダウンロードする方法
続きを読む

限定公開

URLを知ってる人は全員見れる設定です。

限定公開と言ってる割にあまり限定されてません。検索しても出てこないとか、関連動画に現れないというだけです。

Google+のアカウント持ってない相手に見せたいときに便利ですね。

ただ、URLを公開してしまうと誰でも見れちゃうので、取り扱いに注意してください。

YouTubeの限定公開は誰にも見られないのか?⇒見られる可能性もあります。
続きを読む

最後に

Google+でつながってる人とやりとりするなら限定公開を使う必要はなさそうですね。

うっかり流出してもまぁいっかで済ませられるものは限定公開で、どうやっても流出させたくないものは非公開で、っていう感じでしょうか。

YouTubeを見るときに便利な小技まとめ!スマホの10秒送りなど便利技を紹介
続きを読む
YouTubeチャンネル運営するなら覚えておきたい設定や操作方法などまとめ
続きを読む
キーワード
YouTube