YouTubeのアプリでチャプターを送る・戻すショートカット

YouTubeのアプリでチャプターを送る・戻すショートカット
関連キーワード
YouTube

YouTubeの動画をiPhoneのアプリで見ている際、画面の左右をダブルタップすることで「10秒戻し/10秒送り」ができます。

その操作をしている最中に、次のチャプターまで飛んでしまう事故が起こりまして、その操作方法をついに突き止めました!

このショートカット、かなり便利なので紹介します。

YouTubeのアプリでチャプターを送る・戻すショートカット

僕がiPhoneユーザーのため、Android版で同じ操作ができるかどうかは確認してません。

また、この記事執筆現在の操作方法なので、今後のアップデートにより今回紹介するショートカットが動かなくなる可能性もありますのでご了承ください。

YouTubeのアプリでチャプターを戻すには「画面の右・画面の左・画面の左」と3回タップします。

これで一つ前のチャプターに戻ります。

逆にチャプターを送るには「画面の左・画面の右・画面の右」と3回タップします。

3回タップというと正しくないんですが、「逆方向を一回タップした直後に進行方向でダブルタップ」という操作です。

格闘ゲームのコマンドのように短時間でパパッと操作する必要があるので、うまくできない方は、1秒以内に全ての操作が終わるくらいのスピード感で試してみてください。

ちなみに、時刻の右側にチャプターのタイトルが表示されますので、これをタップすると、

チャプター一覧画面が開きます。これを見ながら飛ばしたい場所まで移動するのもありです。

ダブルタップで10秒戻しと10秒送り

ちなみに、画面の左側をダブルタップで10秒戻し、画面の右側をダブルタップで10秒送りができます。

スマホのYouTubeアプリで10秒早送りと10巻き戻しがダブルタップで簡単にできる!
スマホのYouTubeアプリで10秒早送りと10巻き戻しがダブルタップで簡単にできる!
続きを読む

パソコンではキーボードの「J」で10秒戻し、「L」で10秒送りです。ちなみに「K」は再生・停止なので、右手をJ・K・Lに置いておくと瞬時に操作することができます。

YouTubeで10秒巻き戻し早送りができるショートカットキー「J」と「L」
YouTubeで10秒巻き戻し早送りができるショートカットキー「J」と「L」
続きを読む

このショートカットキーは便利で、これのおかげで他の動画サービスよりもYouTubeを観ることが多いとまで思ってます。

最後に

誤操作から発見した操作方法でしたが、かなり便利です。

ショート動画ブームと共に長尺動画も並行してブームだと感じている昨今、チャプターで区切られている動画はかなり増えてますので、ぜひご活用ください。