武蔵小山「今日は、豚めし。」の全てが楽しめる「豚皿相盛り」が最高!

武蔵小山「今日は、豚めし。」の全てが楽しめる「豚皿相盛り」が最高!
関連キーワード
グルメ

以前にレポを書いたことがある、武蔵小山の豚料理専門店「食堂ぶた」が完全にリニューアルし、「今日は、豚めし。」として2022年9月1日にオープンしました。

焼豚と煮豚の二種類が同時に味わえる「豚皿相盛り」が最高すぎたのでご紹介します。

武蔵小山「今日は、豚めし。」

「今日は、豚めし。」は、武蔵小山駅から徒歩2分ほど。パルム商店街を進んでマクドナルドを右折し、武蔵小山の有名な焼き鳥屋「鳥勇」の隣です。

※記事執筆時の情報です。
店名 今日は、豚めし。
住所 東京都品川区小山3-24-7 大和田ビル 1F
電話 03-6426-2655
最寄駅 武蔵小山駅
タバコ 全席禁煙
支払い方法 カード可 / 電子マネー可
関連リンク

店内は縦長なので、入り口でのイメージほど狭くないです。ちなみに、食堂ぶた時代と変わってません。

こちらがメニュー。

こちらが丼もの。

そして豚皿。こちらはご飯のおかわりが可能です。

丼も皿も、白米か五穀米のいずれかを選ぶことができます。

そしてこちらは店頭にあったメニューなんですが、ひつまぶしもありますね。帰りに気づきました。

「今日は、豚めし。」の楽しみ方について。

豚皿相盛り

こちらが「豚皿相盛り(1,080円)」です。

煮豚も焼豚もどちらも楽しめるのが最高です。

煮豚は牛丼チェーン店の豚丼のようなイメージ。甘く煮付けられていて、豚肉は柔らかく、かなりおいしかったです。個人的には煮豚の方が好みでした。

焼豚もおいしかったです。タレがしょっぱすぎないのがいいです。

ご飯は五穀米をチョイス。

味噌汁もおいしかったです。

キムチと生卵もついてくるのが素晴らしいですね。特に煮豚との相性が抜群でしたが、焼豚と合わせてもおいしかったです。

テーブルの上にはキャベツの浅漬け・たたきごぼうとガリを合わせた「がりごぼう」があって、キムチに加えてさらに漬物があるのが素晴らしいです。豚丼のタレもあるので味付けがもの足らない方でも安心。

食堂ぶた時代はとんかつをいただいて、それもすごくおいしかったんですけど、やっぱりちょっと値段が高いなと思ってしまって。

煮豚と焼豚自体のおいしさも素晴らしかったし、キムチや生卵などのサイドメニューも含めて、トータルで満足でした。

最後に

食堂ぶた時代よりもリーズナブルになりましたが、それでも牛丼チェーン店よりは金額が高いため、その価値を感じるかどうかだと思います。

僕は金額相当のおいしさは十分あると思うので、また食べに行きたいと思います。

※金額は記事執筆現在のものです

キーワード
グルメ