武蔵小山「食堂ぶた」の厚切りロースカツ定食がおいしい!小鉢もついてきてボリューム満点!

武蔵小山「食堂ぶた」の厚切りロースカツ定食がおいしい!小鉢もついてきてボリューム満点!
関連キーワード
グルメ

2021年12月18日にオープンした武蔵小山のとんかつ屋さん「食堂ぶた」に行ってきました。

豚料理のお店ということで、特に推しメニューである厚切りロースカツ定食をいただいたんですが、かなりおいしいとんかつでしたのでご紹介します。

武蔵小山のとんかつ屋「食堂ぶた」

「食堂ぶた」は、武蔵小山駅からパルム商店街を進んでマクドナルドを右折した右手にあります。鳥勇の隣で、以前は「炭火焼肉 牛小屋」でした。

※記事執筆時の情報です。
店名 食堂ぶた
住所 東京都品川区小山3-24-7 大和田ビル 1F
電話 03-6426-2655
営業時間 11:00~21:00
定休日 無休
最寄駅 武蔵小山駅
タバコ 全席禁煙
支払い方法 カード可 / 電子マネー可
関連リンク 食堂ぶた – 武蔵小山/豚料理 | 食べログ

クレジットカードも使えますし、電子マネーも広く対応してました。僕が行った時はPayPayには対応してなかったんですけども「まだ対応してなくて」とおっしゃっていたので、いずれ対応するんじゃないかなと。

お店に入ったらカウンターで注文してから席へと向かいます。メニューはこちら。豚を使った多種多様な料理が楽しめます。

定食につけることができる小鉢がずらり。ここから好きなものを選ぶことができます。

お店の奥は結構広めです。

食堂ぶたの厚切りロースカツ定食

「厚切りロースカツ定食(2,400円)」。

平田牧場三元豚のロースを使ったとんかつは200gと大きめサイズです。平田牧場金華豚のラードで揚げているそう。脂身もたっぷりだったものの、油がくどくなくておいしかったです。甘味をしっかりと感じられるとんかつでした。

厚切りロースカツ定食では小鉢を2つ選ぶことができまして、1つはきんぴらごぼうをチョイス。

もう1つはひじきの煮物。どちらもご飯のお供に最高でした。

ご飯がシンプルにおいしかったです。おかわりができることもあって盛りは控えめでしたが、とんかつがボリュームたっぷりだったこともあって結構お腹いっぱいになりました。

スープは「参豚湯(サムブタン)」だそうです。すっきりと飲みやすいスープでした。

ご飯とスープはおかわり可能です。

武蔵小山が誇るとんかつ屋「もち豚とんかつ たいよう」もおすすめ

近隣のとんかつ屋さんだと、ミシュランガイドに掲載されたこともある「もち豚とんかつ たいよう」もおすすめです。

行列のできるお店なのでなかなか行きにくいかもしれませんが、遠方からでも足を運ぶ価値のあるとんかつ屋さんだと断言できます。

武蔵小山の行列が絶えないとんかつ屋「たいよう」のとんかつがうますぎ!
武蔵小山の行列が絶えないとんかつ屋「たいよう」のとんかつがうますぎ!しかもランチなら超リーズナブル!
続きを読む

最後に

2,400円とちょっと割高ではありますが、とんかつ自体が200gと大きめであることと、小鉢が2つ付くお得感など含めて、満足いく定食でした。

他の料理も気になってるので、また行ってみたいと思います。

※金額は記事執筆現在のものです