セブンイレブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」がうますぎ!

セブンイレブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」がうますぎ!
関連キーワード
ご飯

千葉県松戸市の人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」のつけ麺がセブンイレブンでいただけるということで、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」という商品を試しに買ってみました。

コンビニで買えるつけ麺ってこんなにおいしいんだなと思えるくらいのクオリティだったのでご紹介します。

とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺

これまでセブンイレブンととみ田は数々のコラボ商品を出しているそうで、つけ麺も毎年出しているようですね。

2021年5月時点での商品名は「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」。2019年にははチャーシューに重きを置いた「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」という商品名で出していたようですが、今回はチャーシューを1枚減らして代わりに味玉が付いています。

こちらがパッケージです。

原材料・栄養成分などはこちら。

蓋を開けるとまずは具材。チャーシュー1枚・メンマ3本・味玉一つ・刻みネギという構成です。チャーシューにはゆずが添えられていて、このゆずがまたいい仕事してくれます。

具材とスープの入った器をどけると麺の登場です。ほぐし水を使って麺を食べやすくほぐします。

とみ田に伺ったことがないので実物との違いは分かりませんが、濃厚なスープのつけ麺にふさわしいもっちりとした太麺です。

スープはかなり濃厚なとんこつベースのスープに、魚粉がたっぷりと加わっています。

スープに具を全て入れてみました。スープはしっかり濃厚だけどネギやゆずのおかげでさっぱりいただけるという、言葉としては矛盾したような味わいですが、かなりおいしいです。

余談ですけど、つけ麺って「熱々のスープに冷たい麺」という組み合わせであることが多く(もちろん熱盛りという選択肢もありますけど)、合わせて食べると若干のぬるさを感じることってあるんですよね。

このつけ麺は「スープも麺も冷たい」ことでおいしくいただけているという印象です。冷たいからこそ濃厚なスープなのにさっぱりさも感じるんでしょうね。

通販でもとみ田のつけ麺を購入できる

今回ご紹介したつけ麺とはまた異なりますが、セブンイレブンの公式ネットショップにて、「中華蕎麦 とみ田 つけめん 1食入(420g)」という袋麺タイプの商品もあります。

冷凍タイプで、価格は429円です。

こちらも機会があれば試してみたいと思います。

セブンイレブンでお気に入りの惣菜・弁当

セブンイレブンのお惣菜やお弁当ってどれもおいしいんですが、特にお気に入りのものについてはレポ記事を書いてます。

いくつかご紹介しますので、こちらもぜひご覧ください。

金の直火焼ハンバーグ

ランキング形式のテレビ番組にて1位として紹介されていた「金の直火焼ハンバーグ」。

レトルトとは思えないクオリティでめちゃめちゃおいしいです。ハンバーグ自体のレベルも高いですが、デミグラスソースが絶品です。

セブンイレブンの「金の直火焼ハンバーグ」がうますぎ!
続きを読む

金のビーフシチュー

「金のビーフシチュー」もデミグラスソースがおいしくて、食卓に1品足したいときにおすすめです。

肉質の柔らかさもすごいですし、一緒に入ってるじゃがいももソースを吸っておいしいんですよね。

セブンイレブン「金のビーフシチュー」がうますぎて家でビーフシチュー作らなくなりそう
続きを読む

ミニサラダ

200円前後のデリというかミニサラダがどれもおいしいです。野菜を足したいときにおすすめです。

セブンイレブンの副菜的な惣菜というかデリ、うますぎないですか?
続きを読む

最後に

コンビニ弁当からしばらく遠ざかってたんですけども、最近のセブンイレブンは本当にすごいなと感じてます。

つけ麺屋さんとはまた違ったおいしさなので、お店にいかなくなるっていうことはないと思いますが、安価ですし全国どこでもいただけるのはありがたいですね。

つけ麺気分のときにはまた買いに行ってみたいと思います。

※金額は記事執筆現在のものです

キーワード
ご飯