誰でもカラオケに配信できて印税も受け取れる!Frekulの「カラオケ配信サービス」がすごい!

誰でもカラオケに配信できて印税も受け取れる!Frekulの「カラオケ配信サービス」がすごい!

2019年10月3日に音楽活動支援サービスの「Frekul(フリクル)」が、カラオケに配信できてしかも印税を受け取れるというサービスを開始しました。「カラオケ配信サービス」というシンプルなネーミングです。

比較的安価ですし、月額いくらではなく払いきりなので使い勝手もよく、契約の手順も簡単という至れり尽くせりです。

Frekulの「カラオケ配信サービス」

カラオケ配信サービスの内容に触れつつ、良いなと思ったところを特にピックアップして紹介していきますね。

カラオケ配信サービスの料金は払い切り

カラオケ配信サービスには、下記の2つの料金プランが用意されています。

  • 印税受け取りあり:19,000円
  • 印税受け取りなし:14,000円

こちらの金額を一度支払えば半永久的にカラオケに入り続けます。月額いくらという形ではないのが嬉しいところです。

印税を受け取りたい場合は5,000円高くなってしまいますが、逆に言えば5,000円しか違わないので印税受け取りできる方にしておく方が良いと思います。半永久的にカラオケで歌われるわけですからね。それでもカラオケに配信することができるのであれば十分安価な料金設定です。

印税受け取りができる

料金プランのところで触れましたが、印税が受け取れることがすごいなと思ってます。

僕も昔とある事務所を通してカラオケに配信してもらったことがあり、今でもDAMでは配信されてますが(Vast Big Valleyというバンド名で「Period」という曲が配信されてます。)、印税をもらえるような契約にしてなかったんですよね。

印税をもらえるようにするためには契約やら何やらめんどくさい作業が多数発生してきますが、その面倒な手続きは全てFrekul側が代行してくれます。

登録が楽チン

カラオケに登録するための作業は下記の図の通りです。
カラオケ配信サービスの登録の流れ

必要なデータは

  • 歌入りの音源 or 歌入りのミュージックビデオ
  • 歌なしの音源
  • 歌詞(テキストデータ)

の3点だけ。

カラオケに配信できて、印税も受け取れるのに、登録の手続きが楽チンってすごいですよね。

著作権などの権利周りについて気になる方は、Q&Aのページがありますので、こちらをご覧ください。

Frekulのカラオケ配信サービスの配信先機種

カラオケ配信サービスを使って配信できる機種は下記の通りです。

  • JOYSOUND MAXGO
  • JOYSOUND MAX2
  • JOYSOUND MAX
  • JOYSOUND f1
  • JOYSOUND 響Ⅱ

JOYSOUNDのみではありますが、街のカラオケボックスにだいたいあるような機種だと思われるので、ファンの皆さんに歌ってもらうには十分かと思います。

Frekulに楽曲を登録しておくだけで音楽活動をブーストしてくれる

これまで「どこの事務所とも契約していないインディーズのアーティストがカラオケに楽曲を配信する」、ということ自体のハードルがものすごく高かったんですよ。

それがFrekulを経由することで、個人であったり何にも属していないバンドが、メジャーアーティストと同じような活動をすることができるんですよね。

「スマートオーディション」という機能もあって、Frekulに楽曲を登録しておくだけで大手レコード会社の人に楽曲を聴いてもらえるチャンスがもらえて、しかも聴いてもらったかどうかを簡単に確認できるんですね。

関連記事『聴いてもらったかどうか確認できる「スマートオーディション」が便利すぎる』のサムネイル画像
聴いてもらったかどうか確認できる「スマートオーディション」が便利すぎる
続きを読む

他にも各種サブスクリプションサービスにも配信できたり、Frekulに楽曲を登録しておくメリットがどんどん増えてきました。

Frekulでどんなことができるのかまとめた記事もあるので、こちらの記事もどうぞ。

関連記事『バンドマン必見!音楽活動支援サービス「Frekul(フリクル)」でできることまとめ!カラオケ配信はオーディションもできる!』のサムネイル画像
バンドマン必見!音楽活動支援サービス「Frekul(フリクル)」でできることまとめ!カラオケ配信はオーディションもできる!
続きを読む

最後に

カラオケに楽曲を配信したいという方はぜひFrekulを使ってみてくださいね。

現時点でまだFrekulに登録してない方は、下記のリンクから公式サイトをチェックしてみてください。

キーワード
音楽