Amazonプライムビデオの「FREEZE」がただ動かないだけなのに面白い

Amazonプライムビデオの「FREEZE」がただ動かないだけなのに面白い

ダウンタウンの松本人志がドキュメンタルに続いて面白い企画を立ち上げました。

「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)」という、動かないことが笑いというコンセプトの番組で、今までになかったようなお笑いの方向性で面白かったのでご紹介します。

HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE

Amazonプライム会員であれば見放題のAmazonプライムビデオで配信されている「FREEZE」がこちらです。

松本人志が仕掛けた様々な仕掛けに対して、動かなかった人が優勝というシンプルなルール。全5回放送で毎回脱落者が出ていき、優勝者には100万円の賞金が与えられます。

予告動画がこちらなので見ていただけると雰囲気が分かっていただけると思います。

こちらを見ていただけると分かりますが、さすがAmazonさん、地上波ではできないことをやってくれます。

出場者は下記の通りです。(五十音順)

  • 岩尾望(フットボールアワー)
  • クロちゃん(安田大サーカス)
  • しずちゃん(南海キャンディーズ)
  • 鈴木奈々
  • ダイアモンド✡ユカイ
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • ボビー・オロゴン
  • 諸星和己

ドキュメンタルとは違ってお笑い芸人が半数のみですが、元光GENJIの諸星和己など癖の強いタレントが出場しているのが面白いですね。

ひとまず、2018年9月19日に配信された1話目を見ましたが、思ってた以上に面白いです。

視聴者側にも緊張感が走りますが、他人が何かを我慢しているところって面白いんだなって思いました。ドキュメンタルとは違った面白さです。

最後に

Amazonプライムビデオのオリジナルコンテンツの中から、個人的にオススメしたい作品をまとめてあります。こちらもぜひご覧ください。

Amazonプライムビデオでおすすめできるオリジナルコンテンツまとめ
続きを読む

また、Amazonプライム会員でない方は、動画以外にも様々な特典があり、月額約300円とは思えないほどの快適さですので、ぜひこちらの記事も覗いてみてくださいね。

Amazonプライム会員になって得することと、登録する手順
続きを読む
キーワード
エンタメ