【初夏の南房総ツアー4】猫が案内人? 「ヴィラ勝山 アヴェール」は不思議なホテル

【初夏の南房総ツアー4】猫が案内人? 「ヴィラ勝山 アヴェール」は不思議なホテル

南房総ツアーで宿泊したのは、ペットもOKなホテル「ヴィラ勝山 アヴェール」。動物好きなら一度は泊まってみることをオススメしたいホテルでした。

全3種の露天風呂

小高い丘の上にある、「ヴィラ勝山 アヴェール」は入り口から異世界感にあふれています。なんと猫がお出迎えしてくれました。全員には会えなかったのですが、ここには12匹の猫がいるそうです。

私たち(私のほか、女性ふたりと相部屋でした)が泊まったのは「月舞の間」という、和洋室のお部屋。広々としていました。ちなみに男性陣が泊まった他のお部屋は、客室露天付きのところもあったそうです(うらやましい…!)。

洋室も広々。

お風呂は大浴場が2か所。男女入れ替え制で、写真の「大露天風呂」は見学のみ。実際に入った「頼朝の隠れ湯」は写真を撮り忘れてしまいましたが、内風呂と半露天があって、いい感じでした!

「雲上の露天風呂」は貸切露天で、1回40分間、貸し切ることができます。

ホテル敷地内でもちょっと高い所に位置しているので、立って見渡すと海を眺めることができます。

洋食&舟盛りで夕食が超豪華!

夕食では、シェフが腕を振るう創作イタリアンが食べられます。初めてのエスカルゴをまさか千葉・勝浦で食べることになるとは思いませんでした(笑)。

ラタトゥイユやローストビーフなど、さまざまなお料理があり、どれもおいしかったです。

ローストビーフとムール貝。

特に、ドライストロベリーが入ったサラダが印象的でした。手作りのドレッシング (バルサミコ酢&オニオン系?)と、甘酸っぱいイチゴの相性が以外にもぴったりで、マネしたいなぁと思いました。

舟盛りは、宿泊料金に追加すると食べられるオプションですが、なんとひとりあたり+400円でつけることができるそうです。リーズナブルすぎて聞き間違いじゃないか心配です。(この日は、ヒラメ、金目鯛、アジ、マグロで、この一舟で3人分という、驚きのボリューム!)

ちなみに、こちらの名物はビーフシチューとのこと。ゴロゴロとお肉が入っていました。全体的に太っ腹すぎて、経営が心配になります。

食後にはデザートとコーヒーも。ベリー系のムースでおいしかったです。

朝食も驚きのボリューム!

朝食は和食です。アジの干物と大きな豚汁、あとは温泉卵くらいで十分朝ごはん足りうるのに、さらに小鉢が6つも!

こんにゃくの煮物や、大根の炒め物など、お袋の味的な素朴さのある料理がおいしかったです。あと、しらすがでかい!

意外性が満載の宿「ヴィラ勝山 アヴェール」

「ヴィラ勝山 アヴェール」は、思わず迷い込んでしまいたくなる、不思議なお宿でした。宿泊は11660円(大広間/平日)〜、日帰り入浴&ランチのプランもあって、こちらは4620円〜とのこと。日帰りランチでも、ビーフシチューや舟盛りが選べるそうです。

「ヴィラ勝山 アヴェール」
■千葉県安房郡鋸南町大六247-2

キーワード
おでかけ