ブログ用の写真をiPhoneで撮影する際に気をつけてること

ブログ用の写真をiPhoneで撮影する際に気をつけてること

ブログ用の写真はほぼiPhoneで撮影しています。Web用の写真ってそんなに解像度が高くないためiPhoneの写真でも十分使えちゃうんですよね。

とはいえ良い写真を撮ろうと意識しているかどうかで仕上がりが全然違うので、僕がiPhoneでの撮影時に気をつけていることをご紹介します。

読者に何を伝えたいか

いきなりテクニックというより精神論みたいな話なんですけども、それでも一番重要なのが「読者に何を伝えたいか」じゃないかと。

例えばハンバーグ定食の写真を撮影するとき、「定食であること」を伝えたければご飯・味噌汁・小鉢なども含めた写真がいいでしょうし、「おいしいハンバーグ」を伝えたければハンバーグをアップにした方が良いです。

例えばこの写真にコメントで「箸を入れると肉汁があふれ出します」って書かれていたらやっぱりおかしいですよね。これはあくまで「おいしそうなハンバーグ定食」の写真なわけです。

どこを見てほしいかによって構図が変わってきますので、写真を撮る前にどこを見せたいかを考えるようにした方が無駄にたくさんの写真を撮らずに済んでスムーズに進められると思います。

手ぶれ・ピンボケに気をつける

手ぶれ・ピンボケだけで使えない写真になります。

撮影する際に脇を締めたり、テーブルなどがあれば肘をついてぶれないようにしたり、手ぶれをなるべく防ぎましょう。

iPhoneだと画面をタップするだけでピント合わせられるので、適当に撮らずにきちんとフォーカスあわせて撮影すると良いと思います。

あとはシンプルに撮影枚数を増やして保険をかけておくのがいいですね。気をつけてもうっかりぶれちゃうことってあるので。

例えばハンバーガーを袋に入れたところを撮影するときは片手での撮影になるのでこんな具合に手ぶれしがちなんです。こういうシチュエーションではとにかくたくさん撮っておくしかないかと。

光の当たる方向に気をつける

もし高価な一眼レフカメラを使ったとしても、良い写真を撮れるかどうかは照明によって大きく左右されます。

照明を用意してまで撮影しなくても良いんですが、光の当たり方や方向には気を使いましょう。逆光は確実に避けて、左右から差し込む光にも気をつけたいですね。

飲食店などで撮影する場合はなかなか自由が効かないかもしれませんが、なるべくいいポジションを探してそこに撮影したい皿を置いて撮影するのが良いです。

光源が自分の後ろにあるときに入り込む自分の影にも注意しないとこんな具合に台無しな写真になってしまいます。

食べ物の写真を青白くしない

光の方向性の次は、光の色味に気をつけましょう。

どんな写真なのかによって色味の具合は変える必要がありますが、「白いものはより白く」とか、「食べ物は青白いよりも暖かみのあるオレンジ色寄りに」とか。

ご覧の通り食べ物の写真が青白いとおいしくなさそうに見えてしまいます。右側の写真は肉眼で見ているよりも黄色く加工してますがおいしそうに見えるんですよね。

蛍光灯の下で撮影すると青白くなりがちなので、照明が蛍光灯だったら写真加工する際に黄色方面に寄せるようにしてみてください。Instagramで加工するのであれば「暖かさ」を右方向に寄せましょう。

この写真の加工についてはiPhoneアプリでやってもいいですけども、僕はPhotoshopを使ってパソコンで加工するようにしてます。

最近はPhotoshopも安いので、ブログをガチでやりたい方は導入しちゃった方が長い目で見て楽だと思いますよ。

横向きで撮影する

これは好みの話でもあるんですが、スマホで縦に長い写真を何枚も載せておくと見にくい気がしていて…。特に文章と写真を交互に見せて行こうとすると文章も読みづらいし写真が大きくてスクロールしにくいし。

そういった理由から横向きの写真でなるべく統一するようにしています。

構図的に縦向きの写真の方が良さそうだなと思っても、なるべく引いて横向きで撮影して対応するようにし、その上で高さを稼ぎたい場合は正方形にするようにしてます。

ギターのこういう写真は縦向きで撮りたくなりますけども、こんな感じで引いて横向きで撮影しておいた方が使い勝手は良いです。あとで縦向きで使いたかったらトリミングすれば良いですし。

なるべく新しいiPhoneを使って撮影する

iPhone 7 Plus以降、デジカメを使わなくてもiPhoneで十分綺麗な写真が撮れるようになりました。

iPhone 7 Plusのカメラ機能についてはこんな記事を書いてまして、iPhone 8 PlusやiPhone X, iPhone XSなどでも共通する話題なのでぜひご覧ください。

もちろん「ブログのためだけに買い替えを」っていう話ではなくて、新しいiPhoneほどカメラ性能が良いので、もし最新のiPhoneを使っているのであればデジカメを使わなくても良いのではないでしょうか。

逆に、ちょっと前の世代のiPhoneを使っているようでしたらスマホでの撮影は諦めて、持ち運びやすくて画質の良いデジカメを導入するのもありかもしれません。

ブログに写真をアップする際に気をつけること

写真がすべて仕上がったらブログにアップロードして完了です。

以前、ブログに写真をアップロードする方法について書いてますので、こちらもあわせてご覧ください。

最後に

ちなみに一番最初に紹介した「読者に何を伝えたいか」という部分に関してはむねさだブログのむねさだが去年ブロフェスで話してくれた内容にインスパイアされて書いたものです。こちらの記事を読むとよりブログで使う写真の撮り方について意識が変わると思いますよ。

キーワード
ブログ運営