iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影するとボケ具合がそれっぽくなって良い!

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影するとボケ具合がそれっぽくなって良い!

iPhone 7 Plus購入して以来、カメラの進化がすごすぎてデジカメ使わなくても良いことが増えてきました。

ただ、「ポートレートモード」に関してはあまり活用してなくて、最近友人に勧められて使い始めたらこれが意外と一眼レフカメラで撮影したようなうまい具合に背景がボケて良かったのでご紹介します。

iPhone 7 Plusのポートレートモード

iPhone 7 Plusは2つのレンズが付いていて、この2つのレンズによって背景をボカした写真を撮影することが可能になってます。
iPhone 7 Plusのデュアルレンズカメラ

iPhone 7 Plusで標準のカメラアプリを起動すると「ポートレート」というモードがありますのでそれを選択し、被写体から少し距離をとると「被写界深度エフェクト」と表示されるのであとはシャッターを切るだけ。
iPhone 7 Plusでポートレートで撮影する方法

ポートレートモードを使って撮った写真を何枚か載せておきます。

左がオリジナル画像、右がポートレートモードの画像です。

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影した例01

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影した例02

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影した例03

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影した例04

iPhone 7 Plusのポートレートモードで撮影した例05

食べ物の写真ばっかりになっちゃいましたが、なんとなく雰囲気はわかってもらえましたかね。

テーブル上の余計なものが入りこんじゃうようなシチュエーションでも気にならなくなったりしますよね。写したくない物をどかせば良いんですけども同席した相手に手間を取らせるのも悪いし、っていう時に活用できます。

上記の写真の中ではハンバーガーの後ろに写ってるおしぼりがまさにそのパターンですね。

あまり暗いところだと撮影できないのと、望遠の方のレンズに距離を合わせる必要があるためちょっと引く必要があるのですが、割と手軽に撮影できます。

最近のスマホではこのような背景をボカす機能が付いたものが何機種かあるようですが、iPhone 7 Plusの精度はかなり高いようです。ソフト側だけでなくデュアルレンズというハードの側面から実現してるからでしょうか。

もちろん一眼レフカメラで背景をがっつりボカした記事と比べてしまうと違いが明確ですけども、iPhoneだけでできる手軽さが嬉しいですよね。

一応比較としてCANON EOS 80Dで撮影した写真を使った記事を貼っておきます。

最後に

ブログやInstagramに使う、背景がボケた「それっぽい写真」が手軽に撮れて、ますますiPhone 7 Plusが手放せなくなってしまいました。

カメラ機能を重視したい方はiPhone 7よりもiPhone 7 Plusがおすすめですよ。

キーワード
iPhone