iPhoneの画面のサイズメモ。6は750×1334で6 Plusは1242×2208!

iPhoneの画面のサイズメモ。6は750×1334で6 Plusは1242×2208!

いつも作るときに忘れちゃうのでiPhone 6とiPhone 6 Plusの画面の解像度をメモがてら書いておきます。

開発者はApp Store用のスクショ作り直したりで必要になると思うので参照してください。

「パララックス対応の壁紙サイズ」と「WEBサイトの表示サイズ」も載せてあります。

【追記】iPhone 6sとiPhone 7もiPhone 6と同じサイズです。同じようにiPhone 6s PlusとiPhone 7 PlusもiPhone 6 Plusと同じサイズです。

アプリ開発者が画面作るときに必要になるサイズ

各機種の画面の解像度です。作るときはこのサイズで作ります。

iPhone 4 640×960
iPhone 5 640×1136
iPhone 6 750×1334
iPhone 6 Plus 1242×2208

パララックス(視差効果)に対応した壁紙のサイズ

壁紙を作る際にパララックス(視差効果)に対応させるとするなら下記のサイズです。

iPhone 4s 1360×1040
iPhone 5 1536×1040
iPhone 6 890×1590
iPhone 6 Plus 1438×2592
iPhone 6 Plus
画面横向き時
2592×2592

iPhone 4はパララックス非対応なので4sのみです。

6 PlusはランドスケープモードでUIが変わるため、こちらに対応させるためには一辺が2592の正方形の壁紙にしておく必要があるようです。縦画面でしか使わないのであれば通常のサイズで作ってもおっけー。

ちなみに6と6 Plusのサイズはこの記事がソースです。⇒【壁紙】iPhone 6/iPhone 6 Plusの壁紙配布サイトまとめ | 男子ハック

WEBサイトの表示サイズ

WEBデザイナーなら覚えておきたい、WEBサイトの表示サイズはこちら。

iPhone 4 320×480
iPhone 5 320×568
iPhone 6 375×667
iPhone 6 Plus 414×736

Chromeのデベロッパーツールを使えばすでにサイズごとに用意されてますので特に覚える必要もないんですが一応ということで。

最後に

僕自身まだiPhone 6 Plusの画面の理屈などを理解できてないので、参考になりそうな記事をいくつかまとめました。

詳しくはこちらでまとめてますのであわせてご覧ください。

キーワード
iPhone