iPhoneで画面を強く押し込む「3D Touch」を使った便利機能まとめ!

iPhoneで画面を強く押し込む「3D Touch」を使った便利機能まとめ!

これからiPhone 8やiPhone Xを購入しようと思ってる方の中で、iPhone 6s, iPhone 7を使ってなかった方もいらっしゃると思います。

そうなると「3D Touch」という機能はiPhone 8やiPhone Xで初めて使うことになるはずなので、「いますぐ使える、3D Touchを使った便利機能」をいくつかご紹介します。

「3D Touch」とは

iPhone 6s以降の端末ではiPhoneの画面を押す強さによっていろんなことができるようになっていて、それが「3D Touch」という機能です。

画面を強く押し込むことで使える便利技を3つご紹介します。

クイックアクション

ホーム画面にて、アプリのアイコンを強く押し込むと使える機能が「クイックアクション」。長押しではなくぐっと押し付けるようにするのがポイントです。

クイックアクションの使い方はこちらをどうぞ。

アプリによっては対応してないものもありますが、最近では結構いろんなアプリで使えます。

例えばLINEのQRコード表示などは超便利です!

トラックパッド

iPhoneではAndroidに比べてテキスト編集時にカーソル移動が大変ですよね。そんなときにトラックパッド的にカーソル移動できる機能が便利です。

最初はカーソルを移動させる際の着地がうまくいかなくてイライラするかもしれませんが、慣れてくるとテキスト編集がはかどります。

コントロールセンターで機能を拡張

iOS 11からクイックアクションの機能をコントロールセンターで使えるようになりました。より便利に使えるようになってます。

エッジプレス

画面の端をぐっと押すことで発動できるのが「エッジプレス」。

こちらの機能はiOS 11で使えなくなってしまいました。iOS 10まで使えた便利機能でしたが、iOS 11にアップデートした方は使えませんのでご注意ください。

3D Touchを使いやすく調整する

「いくら便利といわれてもうまいこと発動しなくて困る」っていうこともあると思います。僕も最初はそうでした。

そんなときは3D Touchの反応を調節することができますので、少し弱めてみることをおすすめします。

最後に

iPhone 6s Plusにしたときにかなり感動した機能で、iPhone 7 Plusになってもやっぱり便利だなと感じてます。

使ったことがない方はぜひお試しください。

キーワード
iPhone