焼肉屋に一人では行きづらいけど牛タン食べたくなったら「ねぎし」に行けばいい

焼肉屋に一人では行きづらいけど牛タン食べたくなったら「ねぎし」に行けばいい

焼肉屋には一人で行ったことがなくて、なかなか入りづらいなと思ってるんですけども、僕は牛タンが好きなので牛タンが衝動的に食べたくなったらふらっと「ねぎし」に入ってしまいます。

安定したおいしさだし値段もそんなに高くないので結構な頻度で行ってるんですが、いままでブログで書いたことがなかったことに気づいたのでご紹介します。

ねぎしの牛タン

以前に「杉作」「利休」という牛タン屋さん2店舗ご紹介しました。

どちらもおいしくて、個人的には杉作最強だと思ってるんですけど、ねぎしのいいところは東京都内にめっちゃあるということ。食べたいタイミングで食べられるのっていいですよね。

先日も神田をふらっと歩いていたらねぎしの看板が目に入ったので吸い込まれてしまいました。

▼こちらがねぎしセット。白タンの薄切りが5枚乗った定食です。
牛タンねぎしのねぎしセット

白タンというのはタンの根元の方の部位でやわらかくて、逆に先端の方は赤タンといって歯ごたえがあります。

▼基本的なセットはこの4つ。赤タンも白タンも食べたいときはミックスセットにしたりします。
牛タンねぎしの定食メニュー

▼白タンの薄切りです。しろたんセットの厚切りも好きなんですが、この日は薄切りの牛タンが食べたい気分だったので。
牛タンねぎしの白タン薄切り

▼牛タン定食と言えばテールスープですよね。
牛タンねぎしのテールスープ

▼とろろもセットで付いてきます。
牛タンねぎしのとろろ

▼僕は唐辛子の味噌漬けがすごい好きで、これでご飯ガンガン食べちゃうんですよね。
牛タンねぎしのtsukemono

▼ごはんはおかわり自由で、半ライスだと多い感じがするときは「三分の一」でお願いしてます。
牛タンねぎしの三分の一ご飯

最後に

余談ですが、仙台に初めて行ったとき道端で地元の警察官においしい牛タン屋さんを尋ねたところ教えてくれたのがねぎしでした。

のちに東京にものすごい数の店舗数があることを知ったんですけど、仙台で食べたねぎしの牛タンは本当においしかったんですよね。旅行の効果でしょうか。

ちなみに、牛タンがおいしい焼肉屋はこちら。

キーワード
ご飯