好きなことで生きてきて思うこと

好きなことで生きてきて思うこと

好きなことで生きてます。でも専業YouTuberにはなれる気がしないです。もちろんプロブロガーにもなる気がありません。

あのCM見ると「脱サラしてYouTuberに」とイメージしがちですけど、他にもいろんな好きなことで生きていく手段ってあると思うんですよね。

というわけで、好きなことで生きていくことについての個人的な意見を書いてみました。

好きなことで生きていくということ

まず大前提として「好きなことをしないで生きていく」という選択肢は個人的にはないです。

好きなことが出来て自由な時間が多いけど収入が少ないのと、好きじゃない仕事だし時間も仕事に取られるけど収入が多い、の2択だったら僕は迷わず前者を選びます。

好きなことして貧乏なまま一生終える覚悟があるほど好きなことをやってるならそれは幸せなことだと思いますし、それでお金を得られるようになればもっと幸せっていうくらいのもんですよ。

例えば僕なら、音楽を続けられてるだけで幸せだし、もしなにかのきっかけで多くの人に聴いてもらえるような環境に身を置けるならそれはもっと幸せだろうなって思います。

そんなこと言ってたら結婚したり子供出来たりしたらどうするんだというご意見もあると思いますが、だからなかなか結婚できないんですよ。僕が好きなこともやめずに結婚できた理由は経済的に潤ってきたからですし、この歳まで結婚できなかった理由は経済的に無理だったからです。

時間と収入

生活をしていくにはお金は必要です。普通の生活ならまだしも、贅沢をしたいならちゃんと稼がないといけません。先ほど言ったように結婚したり子供がいるならなおさらです。

時間と収入はシーソーのようにどちらかしか取れないと思われがちですけど、実際そんなことはないんですよね。

好きなことしてる間に生まれる収益もありますし、不労所得を得ることができれば働かなくてもいいわけですよ。

あとはそれをどうやって得るかということですけど、今の時代結構いろんな副収入の得方がありますよね。

こちらの記事で収入源にできそうなサービスを紹介してます。

個人的な感覚としては、月に1万円くらいの収入源を5個作るのってそんなに難しくない気がしてるんです。自分の主となる収入源で20万、副業で5万。割と生活していけますよね。(←金額は例です。僕の収入ではありません。)

なので、「ブログで生きていくんだ!」とか「YouTuberになるので会社辞めます!」と言うその一歩手前で踏みとどまって、数万円の収入源を何個か作ったらいいと思うんですよ。それならどれか1個コケてもいいわけですし。

一番いいのは、主となる収入源を生み出す仕事が好きなことであることですよね。それを見つけることが難しいわけですが。

「好きなこと=楽なこと」ではない

そして一番大事なことが「好きなこと=楽なこと」ではないということ。

好きだから大変なことでも我慢できたり、そもそも大変だと感じないだけなんですよね。実際は他の人にはおすすめできないレベルの大変なことも多いですよ。

僕の場合だと、音楽もWEBデザインもiPhoneアプリ開発も、全部趣味に直結してる仕事なので全然苦に感じません。めんどうだなって思う瞬間はもちろんありますけど、楽しい時間の方が長いです。

そういう仕事を見つけられただけでも幸せなんでしょうね。27歳のあの日に焼き鳥屋からWEBデザイナーに転職してよかったですよ。

最後に

いままでも好きなように生きてきましたが、これからも好きなことして生きていきます。

誰にでもおすすめできるわけじゃないですが、ひとまず小さな収入源をいくつか作り始めるとそこから何か見えてくるかもしれませんね。

【追記:2015/06/16】好きなことをやり続けてたら好きなことやるための環境ができました。

キーワード
生活