引き出しをなくすハンガー「oneger」がデザインも機能も満足度の高いハンガーだった!

引き出しをなくすハンガー「oneger」がデザインも機能も満足度の高いハンガーだった!

友人の会社がハンガー作ったということで購入しました。

クラウドファンディングで数量限定販売的な感じだったためこの記事執筆現在は購入することができませんが、かなり良いハンガーだったのでご紹介したいと思います。

引き出しをなくすハンガー「oneger」

onegerはマクアケでクラウドファンディングやってました。

「引き出しをなくす」というコンセプトのハンガーで、このハンガーがあれば下着以外は全部吊るして保管できるので、確かに引き出しが必要なくなるなと感じました。

onegerの基本的な情報を上記のサイトから引用しておきますね。

・素材:鉄
・加工:サテン加工
・寸法:縦17cm×横40cm ※パンツを掛ける部分は30cmとなります
・直径:6mm
・重さ:約245g/本

後ほど触れますが、onegerは重さが特徴的で、1本あたり約245gなのでこの5本セットでMacBook Airくらいの重さがあります。

onegerに服をかけてみた

通常のハンガーよりも複雑な曲線を描いてます。この構造により様々なものを吊るして保管できるようになります。

例えばパンツは下部の隙間からスライドさせて出し入れできます。

ここでonegerの重さが効いてくるんですが、出し入れする時にハンガーが動きにくいため、簡単にパンツを出し入れできます。

Tシャツの首側からonegerにかけることも可能で、このように一度グッと入れ込むことで、

首を伸ばさずにシャツをかけることができます。

また肩に当たる部分は綺麗な曲線になっていて、型崩れしにくいのも嬉しいところ。

こんな具合に「出し入れしやすい」「洋服を痛めにくい」というありがたいハンガーです。

重さがかなりあるため、クローゼットによっては耐荷重的に何本も使えないかもしれませんが、逆にそれによって断捨離が捗るかもしれませんね。

マワハンガーもおすすめ

僕はこれまで「マワハンガー」というハンガーを使ってました。こちらもかなりおすすめです。

最大の特徴としては「洋服が滑り落ちない」ことと「肩が丸くて衣服が痛みにくい」ことです。タンクトップのような滑り落ちやすい衣類でもかけることができるほど、滑り止めがしっかり効いてます。

マワハンガーの場合はonegerと違ってズボンをかけることができませんけども、マワハンガーの中でも「シングルパンツ・スラックスハンガー」という製品もありますので、こちらを組み合わせても良さそうです。

とはいえ、この2つのハンガーの役割を1つでこなせるonegerはやはりすごいですけどね。

最後に

デザイン的にも機能的にもかなり気に入りました。

ただ、現状だと10本しか家になく、他のハンガーと混ぜて使っているので、いずれ一般発売される日が来たら買い増したいと思います。

キーワード
生活