自分撮り動画を作ってYouTubeにアップしてみたときにつまづいたポイント

自分撮り動画を作ってYouTubeにアップしてみたときにつまづいたポイント

ハングアウトオンエアー以外で動画をアップロードしたことが過去数回しかなかったため、自分撮り動画をアップロードする際にいろいろつまづきました。

どれもいま思えばつまらないものばかりなんですが、やってみてはじめてわかったことばかりだったので、僕がつまづいたポイントをご紹介します。

これから動画配信したいと思ってる方の参考になったら幸いです。

自分撮り動画のつまづきポイント

なんでもそうですけど、やってみるまで分からないことってたくさんありますよね。

僕がいまつまづいてることはいましか体験できない貴重なことなので、つまづいたポイントを書き記しておきます。

撮影しながらモニタリングできる環境を作れなかった

僕が持ってるカメラはNEX-5Nです。

このカメラはモニターが背面についてまして、90度近くまで持ち上げられるのですがそれ以上は上がらず、正面からは全く見ることができません。

撮影しながら自分をモニタリングできないので、枠に収まってるかとかピントが合ってるかとか全然分からないのです。

先日ビデオカメラを購入したので、これからはモニター見ながら撮影できます!

撮影自体がうまくいかなかった

一番最初に自分撮りしたとき、NEX-5Nのおまかせモード的なやつで撮影してしまったため、色味が全然違った2つの映像をつなぎ合わせないといけないことになってしまいました。

これはもう動画どころの話じゃなくて、カメラの知識不足と経験不足でした。

ストーリーを描けてなかった

撮れた映像の質以前に、どういう流れの動画を作るかというストーリーがいまいち描けてなかったため、何度も撮りなおすことになってしまいました。

これに関しては最初からうまくいくわけないので、たくさん撮っておくべきだと実感しました。編集に時間かかっちゃいますけど、慣れていけば撮る時点でもっとイメージ沸くはずなので。

YouTubeにアップロードしたら画質が悪くなってしまった

初歩的ミス!

サイズをどれくらいで書き出したらいいのか全然分かってませんでした。

「フルHDってなんだ?」っていうくらい無知だったので。

いまもいまいち画質良くないのでなにか間違ってると思うんですよね。もっと勉強してブログネタにします。

最後に

ぶっちゃけこれくらいです。編集とかやってみたら超簡単だったし、つまづいたうちに入らないようなものばかり。

みんなどんどんやったらいいんですよ!

これからもたくさん動画アップしていきますので、よろしくお願いします!

キーワード
YouTube