かりそめ天国 ハナコ岡部最後の食レポで紹介された「唐揚げ屋 4選」

かりそめ天国 ハナコ岡部最後の食レポで紹介された「唐揚げ屋 4選」
関連キーワード
ご飯

2021年4月2日に放送された「マツコ&有吉 かりそめ天国」にて、ハナコ岡部が4店舗の唐揚げ屋を食レポする企画が放送されました。

ハナコ岡部は裏番組のレギュラーになったことでかりそめ天国に出れなくなるため、今回が最後の食レポということでしたが、とにかく唐揚げがおいしそうだったのでお店をメモっておきます。

五反田「炎丸酒場」

1店舗目は五反田にある「炎丸酒場」。

紹介されていた唐揚げは5個で540円でした。

「ドクターフライ」という電極パネルをフライヤーに設置することで、鶏肉の水分を中に閉じ込めてジューシーに仕上げているとのこと。

中野「佐藤精肉店」

2店舗目は中野にある「佐藤精肉店」。お肉屋さんの唐揚げです。

お惣菜やお弁当も充実している中、唐揚げは100gde180円とリーズナブル。

国産牛を精肉する際に出る脂をブレンドした油で揚げているため独特の風味があるんだとか。

ハナコ岡部曰く、軽くておやつ感覚でいただけるとのこと。

渋谷「パンダレストラン」

3店舗目は渋谷にある「パンダレストラン」。

信玄どりを使った「鶏肉の唐揚げ(950円)」は、ベーキングパウダーや上新粉を加えた衣はフワフワでサクサクだそう。

築地「鳥椿」

最後に訪れたのは築地にある「鳥椿」。

こちらでは「チューリップ唐揚げ(1個90円)」が紹介されていました。

薄めに衣をつけて揚げていて、皮の部分はサクサク、身はプリンプリンだそうです。

最後に

唐揚げって日本人平均で年間400個食べてるというデータがあるそうで、正直そんなに食べてないよって思うんですけども、熱狂的な人気があるのは間違いない料理だと思うんですよね。

僕自身も小さい頃唐揚げ大好きでしたし、今回紹介されていた唐揚げはどれもおいしそうだったので、食べに行ってみたいと思います。

かりそめ天国について書いた記事は他にもたくさんありますので、こちらもぜひご覧ください。

※金額は記事執筆現在のものです

キーワード
ご飯