かりそめ天国「有識者が選ぶレトルトカレーランキングベスト10」まとめ

かりそめ天国「有識者が選ぶレトルトカレーランキングベスト10」まとめ

2019年6月19日に放送された「マツコ&有吉 かりそめ天国」でレトルトカレーのランキングが紹介されていました。

ハナコ岡部がレポートしていたコーナーで、紹介されていたランキングを書き起こしましたのでご覧ください。

かりそめ天国でレトルトカレーを選んだ有識者一覧

まずは今回のかりそめ天国でレトルトカレーのランキングを作った有識者を一覧にしました。

飯塚敦 カレーですよ。 – Yahoo!ブログ
一条もんこ 一条もんこ 公式サイト カレー・スパイス料理研究家 | もんこの部屋
猪俣早苗 ご当地レトルトカレーの専門店 カレーランド
印度カリー子 印度カリー子のブログ | 本格スパイス・カレー料理のレシピ、作り方公開中。
スパイシー丸山 スパイシー丸山「カレーなる365日」Powered by Ameba
村尾直人 日刊 カレーニュース

有識者がガチで選ぶレトルトカレーランキングベスト10

では、番組で紹介された「有識者がガチで選ぶレトルトカレーランキングベスト10」をご紹介します。

ランキングがこちら。

1位 チェッターヒン(36チャンバーズ・オブ・スパイス)
2位 噂の名店 南インド風チキンカレー お店の中辛(エスビー食品)
3位 味文化 野菜カリー(新宿中村屋)
4位 和牛入れすぎカレー(牛長)
5位 ケララフィッシュ(にしきや)
6位 グリーンカレー(ヤマモリ)
7位 餃子の具でカレー(宮島醤油)
8位 取材NG
9位 バターチキン(無印良品)
10位 よこすか海軍カレー ビーフ(ヤチヨ)

10位 よこすか海軍カレー ビーフ(ヤチヨ)

「よこすか海軍カレー」は、明治41年(1908年)に発行された海軍割烹術参考書に記載されたカレーライスのレシピを元に復元した商品。

実食したハナコ岡部曰く「懐かしい味。給食に出てくる優しい味。」とのこと。

9位 バターチキン(無印良品)

無印良品のすべての商品の中で最も売れているのがこの「バターチキンカレー」だそうです。年間300万食以上販売されたとか。

8位 取材NG

8位は取材NGでしたが、「ホタテを使ったご当地カレー」だそうです。

7位 餃子の具でカレー(宮島醤油)

「餃子の具でカレー」は、その名前の通り餃子の具がふんだんに使われているカレー。

「豚肉・にんにくの芽・玉ねぎ・にら・にんにく・たけのこ」など、餃子の素材をそのまま入れて作っているそうです。

6位 グリーンカレー(ヤマモリ)

ヤマモリの「グリーンカレー」は、青唐辛子をベースにしたココナッツミルクたっぷりのチキンカレー。結構辛いようなので本格的な味付けなんだと思われます。

5位 ケララフィッシュ(にしきや)

にしきやは昭和50年からレトルトを作っているレトルト専門店。店舗もあり本店は宮城県岩沼市ですが、自由が丘に1店舗と、二子玉川の東急フードショーにも入ってます。

ゴルゴンゾーラビーフカレーやシャンピニオンカレーなど、全37種類のカレーが販売されてるそうです。

今回選ばれた「ケララフィッシュ」は、南インドのケララ州のカレーを再現した2014年に発売されたカレーで、キハダマグロとココナッツミルクでまろやかに仕上げています。

4位 和牛入れすぎカレー(牛長)

「和牛入れすぎカレー」は、明治41年(1908年)創業の老舗肉屋さん「牛長ぎゅうちょう」の賄いカレーを製品化したもの。

社長が味にこだわりすぎてしまって、採算度外視で和牛をふんだんに使っているそうです。

3位 味文化 野菜カリー(新宿中村屋)

新宿中村屋は、1927年に日本で初めてインドカレーを提供したお店。現在約50種類のレトルトカレーを取り扱ってるそうです。

「味文化 野菜カリー」は、肉は一切使っていない、具沢山の野菜カレーで、「玉ねぎ・じゃがいも・人参・蓮根・いんげん・かぼちゃ・グリンピース・生姜・にんにく・白花豆・ぶなしめじ・舞茸」を使っているとのこと。ゴロゴロっとした野菜がおいしそうでした。

2位 噂の名店 南インド風チキンカレー お店の中辛(エスビー食品)

大手食品会社であるエスビー食品が作った「噂の名店 南インド風チキンカレー お店の中辛」。東京駅八重洲口に店を構える「ERICK SOUTHエリックサウス」のチキンカレーをレトルトにした商品です。

スパイシーな香りの秘密は「クミン」「ブラウンマスタード」とのこと。

1位 チェッターヒン(36チャンバーズ・オブ・スパイス)

第1位に選ばれた「チェッターヒン」は、水をほとんど使わずに作ったミャンマーのカレー。成城石井で購入することができるそうです。

一人前のカレーに玉ねぎ1個分が使われていて、鶏肉は手羽元が2本大胆に入っており骨から簡単に剥がれるほど柔らかく煮込まれています。

「極辛」ということなので、辛いものが得意な方にはぜひチャレンジしていただきたいですね。

最後に

正直どのカレーも食べたことがなかったんですが、このランキングに入ったカレーはどれも試してみたいですね。

2位の南インド風チキンカレーが特に気になったので近々買って食べてみようと思います。

キーワード
ご飯