EOS Rで使えるズームレンズ「RF24-105mm F4 L IS USM」の良いところとイマイチだったところ

EOS Rで使えるズームレンズ「RF24-105mm F4 L IS USM」の良いところとイマイチだったところ

先日、僕にとって初めてとなるフルサイズミラーレス機「EOS Rイオスアール」を購入しまして、その時に同時に買ったレンズが「RF24-105mm F4 L IS USM」でした。

使い勝手の良いレンズではあるんですが、イマイチだと思うところもいくつかありまして、正直に良いところとイマイチなところを挙げておきたいと思います。

RF24-105mm F4 L IS USMというレンズをざっくり紹介

「RF24-105mm F4 L IS USM」というレンズについてざっくりと紹介していきます。

レンズはこんな感じです。
RF24-105mm F4 L IS USM

左側にはAF/MF切り替えのスイッチと、手ぶれ補正オンオフのスイッチ。
RF24-105mm F4 L IS USMを横から見たところ

「RF」というのがEOS Rがリリースした時に同時に発表されたマウントで、この記事執筆時だとEOS RとEOS RPで使えるレンズです。

24mmという広めの画角から、105mmとポートレートなどでも使いやすい画角までカバーしてくれて、汎用性が高いです。

F4と明るさはそこそこですが、手ぶれ補正がついているため撮影時間長めで疲れてきて手がブルってもだいぶ安定した写真が撮れます。

RF24-105mm F4 L IS USMの良いところ

RF24-105mm F4 L IS USMをEOS Rに装着して使ってみて、良いと感じたところをあげていきます。

手ぶれ補正が強力

使ってみてまず最初に思ったのが、想像してたよりも手ぶれ補正が強力に効きます。

特に動画撮影した時に実感できるんですけども、ジンバルを使わなくても気合いでなんとかできる範囲が広がった印象です。

5段分の手ぶれ補正がついてるので、写真撮影時でもだいぶ助けられますよ。

どんなシーンでも使いやすい焦点距離

僕はこれまで標準ズームレンズをあまり使ったことがなくて、50mmの単焦点と70-200mmの望遠ズームをよく使ってます。

実際に使ってみると24mmのiPhoneくらい使いやすい画角に助けられたりもしますし、105mmくらいまで望遠が使えると望遠ズームに持ち替えずに撮影できることも多くて、とにかく使い勝手が良いなという印象です。

RFレンズ特有のコントロールリング

このレンズの特徴というわけではなく、RFレンズ全体に言えることですが、レンズについている「コントロールリング」に機能を割り当てることができます。
RFレンズのコントロールリング

まだ使い慣れてませんが、ISO感度などを設定しておくと使いやすいですよ。

RF24-105mm F4 L IS USMのイマイチだったところ

次に、RF24-105mm F4 L IS USMを使ってみてイマイチだと思ったところを書いていきます。

そこそこ重い

まずはEOS Rの軽さを打ち消す重さ。700gあるためなかなかずっしりとした重量感です。

とはいえ持ち歩いて使うのにそんなに苦にならない程度ですので、汎用性を考えるとこの重さは受け入れられる範囲かなと。

最短焦点距離が遠く感じる

公式サイトによると最短焦点距離が「0.45m」とのことで、これがなかなか遠く感じます。もっと寄りたいです。

例えば僕はハンバーガー屋さんによく行くのでハンバーガーの写真を撮ることが多いのですが、座席からカメラを構えて撮影しようとするとAFが効かず、結局体を後ろにグッとそらして撮影しないといけないんですよね。

僕はこういうシーンでの撮影が多いので、テーブルフォト用に「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」を買おうかなと思ってます。こちらなら倍以上寄れるので。

F4だとやや暗いと感じる瞬間も

正直F4くらいで十分と思ってましたが、やっぱりF2.8くらいだったらなお良かったなと思いました。

ライブ撮影の時に5D Mark ⅣにはF2.8のレンズつけてるので、比較するとやっぱりF2.8で撮りたいところなんですよね。

まぁこちらは贅沢な悩みかなと。もっと明るい標準ズームレンズが欲しければ「RF28-70mm F2 L USM」を買っておけば良かったわけですからね。

EOS Rについて書いた記事

EOS Rについて書いてる記事をいくつか貼っておきますね。まずは購入した理由とファーストインプレッションについて。

関連記事『Canonのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を購入した理由と 所感』のサムネイル画像
Canonのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を購入した理由と 所感
続きを読む

次にEOS R購入直後にやった設定について。

関連記事『EOS R購入直後に設定したこと!マニュアルモードで撮影しやすいように設定しました!』のサムネイル画像
EOS R購入直後に設定したこと!マニュアルモードで撮影しやすいように設定しました!
続きを読む

そしてEOS Rに今回紹介したRF24-105mm F4 L IS USMをつけてライブの撮影してきた時の所感です。こちらの記事に撮影した写真も載せてます。

関連記事『ライブ撮影でEOS Rを使ってみて、ライブ撮影とミラーレス(というかEVF)の相性が良いと実感した』のサムネイル画像
ライブ撮影でEOS Rを使ってみて、ライブ撮影とミラーレス(というかEVF)の相性が良いと実感した
続きを読む

追記:35mmの単焦点レンズを買いました

先ほど紹介したイマイチだったところを解決するために、「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」という単焦点レンズを買いました。

これで普段からカバンに入れて手軽に持ち歩けますし、だいぶ寄れるのでハンバーガーの写真を撮りやすくなりますよ。

EOS Rで使えるお手頃価格の単焦点レンズ「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」が使いやすくていい感じ!
EOS Rで使えるお手頃価格の単焦点レンズ「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」が使いやすくていい感じ!
続きを読む

最後に

10万円ほどのレンズなので、イマイチだったところは僕のわがままでしかないんですけどもね。この価格帯のレンズとしては十分満足できるレンズだと思います。

焦点距離に関してはどうしょうもないので、僕のように「飲食店などであまり後ろに引けず寄って撮影するしかない」というシチュエーションでの撮影が多い方は避けたほうが良いかと。そんな被写体に寄りたいというニーズ以外の幅広い方にオススメしたいレンズです。

キーワード
カメラ