世界最小の3軸ジンバル搭載カメラ「DJI Osmo Pocket」が良さそう!

世界最小の3軸ジンバル搭載カメラ「DJI Osmo Pocket」が良さそう!

ドローンやジンバルでおなじみのメーカーDJIから世界最小サイズの3軸ジンバル搭載カメラ「DJI Osmo Pocket」が発表されました。

かなり小型で使いやすそうなカメラですよ。

小型で使いやすそうなDJI Osmo Pocket

DJI Osmo Pocketは持ち運びするのにも便利そうな小型サイズのカメラです。

まだ直接手に取ったわけではないですが、高さ121.9mm×幅28.6mm×奥行き36.9mmという、数字を見ただけでもだいぶ小型だなと思えるサイズ感で、重さもたった116g。

手で持って操作することを前提としたフォルムがいい感じですね。

Lightning端子やUSB Type-C端子を使ってスマホと直接接続することもできます。画面を広く使いたいシーンで活用できそうですね。

3軸ジンバル搭載ということで、手ぶれ補正機能についてはかなり期待できます。

4K 60fps 100Mbpsの動画と1,200万画素の静止画が撮影できるとのことなので、画質も申し分ないですね。

その他、どんな感じのカメラなのかはこちらの動画をご覧ください。

GoProと比較するとどうなのか

最近GoPro HERO7 Blackを買いまして、かなり満足しています。

GoPro HERO7 Blackを購入!手ぶれ補正機能がめちゃめちゃ便利!写真撮影も広角でいい感じ!
続きを読む

GoProもかなり良いですけども、違いをあげるとするならOsmo Pocketという「フェイストラック」という顔認識機能がついてることですね。人を撮影することが多い場合はOsmo Pocketが活躍してくれそうです。

最後に

GoPro HERO7 Black・Insta360 ONE X・Osmo Pocketと、今年は動画系のガジェットが豊作の年ですね。

現状僕はGoPro HERO7 Blackで満足しているので、実機が出回ってレビューを見ながら検討したいと思います。

キーワード
カメラ