動画撮影で4GB以上のデータを保存するために!MacでSDカードをexFATでフォーマットする方法

動画撮影で4GB以上のデータを保存するために!MacでSDカードをexFATでフォーマットする方法

4Kで動画を撮影していたら動画のデータが途中で切られてしまっていました。

調べてみると、SDカード購入時のフォーマットでは4GB以上のファイルは保存できないようで、そのために途中で切られてしまっていたようなんです。

4GB以上のデータを保存するためには「exFAT」という形式でフォーマットすれば良いそうなので、MacでSDカードをexFAT形式でフォーマットする方法についてご紹介します。

MacでSDカードをexFAT形式でフォーマットする方法

SDカードをMacに挿して、トラックパッドで親指+3本指でピンチすることでLaunchPadを起動し、アプリの中から「ディスクユーティリティ」を検索して開きます。

左サイドバーにあるSDカードを選択して、上にある「消去」をクリックします。

「名前」は表示したい名前を入力して、「フォーマット」のプルダウンメニューから「exFAT」を選択し、消去ボタンをクリックしてください。「方式」は「マスター・ブート・レコード」のままで良いみたいです。

これでしばらく待てばフォーマット完了です。

ちなみに、32GB以上のSDカードであれば「exFAT」で良いですが、16GBのSDカードのような32GB以下であった場合は「MS-DOS(FAT)」を選択するそうです。

ただ、動画を撮るなら32GB以上のSDカードを使いたいところですし、「exFAT」を選ぶことの方が多くなりそうですね。

GoProで撮影するならSDカード選びに注意

元々僕が動画を連続で撮れなかったのがGoProでの撮影でした。

GoProではSDカードの指定があるため、SDカードを買う時点で注意してくださいね。

GoProに入れるmicro SDはSunDisk ExtremeかSunDisk Extreme Proじゃないといけないらしい
続きを読む

GoProを買ったときに僕が一緒に買ったmicro SDカードはこちら。

Amazonなどで買うとmicroSD Extreme PROも比較的安く手に入るので、後ほどこちらも買い足しました。安心感があるため仕事でも使えますよ。

最後に

動画のファイルというだけでサイズが大きいのに、4Kで撮るとものすごい容量になっちゃいますからね。

写真撮影では気にしなくていいですけども、動画を録画する際にはSDカードのフォーマットに気をつけましょう。

【c】GoPro

キーワード
カメラ