iZotope RX 7で車体に当たる風の音だけを取り除く方法

iZotope RX 7で車体に当たる風の音だけを取り除く方法

GoProを車のダッシュボードに乗せて車中でしゃべってる様子を録画したんですが、車に風が当たる音がでかすぎてしゃべってる内容が良く分からなくなってしまいました。

そんな時に「iZotope RX 7」というプラグインを使ったら無事に「人がしゃべってる声」だけを抜き出すことに成功したので、そのやり方とプラグインで処理する前後の音声データを公開します。

iZotope RX 7で車体に当たる風の音だけを取り除く

iZotope RX 7というプラグインは元々ノイズ除去を目的として作られたプラグインではあるんですが、僕が存在を知ったのは「歌入りの2ミックスの音源からボーカルだけを抽出したり、ボーカルだけをオフにしてカラオケ音源にしたりできる」という情報を目にしたのがきっかけでした。

「Music Rebalance」というRX 7から追加された機能で、市販の楽曲からボーカルだけを取り出したり取り除いたりが実際にできてしまうんですね。

今回は「車体に当たる風の音」がバックに鳴っていて、その音を完全にカットし、「人がしゃべってる声」だけを抽出しました。

それを比較した動画がこちらです。

動画を見ていただくとわかりますが、RX 7で処理した音声は風の音が元々入っていたとは思えないすっきりとした音声に。トークの内容が分かるくらい鮮明に聴こえます。

ラジオボイスっぽくなってしまっていますが、EQで補正するなど処理すればもう少しまともになるかなと。

一応、上記の動画の話の内容が気になるという方のために、こちらの動画も貼っておきますね。風の音をカットした音声データを使って仕上げてます。

iZotope RX 7で風の音だけを取り除く手順

iZotope RX 7は単体で起動できるソフトなので、音楽をやってない方でも安心して使えます。

音源データをドラッグアンドドロップして開きます。

右側に「Music Rebalance」という項目があるのでクリックします。

一番左側のボーカル以外をすべて一番下まで下げます。

たったこれだけの作業で、風の音のみを消し去ることができます。

注意点が1つ。iZotope RX 7には「Elements」「Standard」「Advanced」の3タイプがあり、最も安価なElementsでは今回紹介する「Music Rebalance」機能が使えません。

僕は「Music Production Suite 2」というバンドル製品を買って、その中に入っていたiZotope RX 7 Standardを使用しております。

最後に

iZotope RX 7を購入した際には想定してなかった使い方でした。こんな具合に、アイデア次第でiZotope RX 7は幅広く使えそうですね。

フィールドレコーディングのお供としても使えそうですし、これからもガンガン活用していこうと思います。

キーワード
DTM