友人の結婚式に参列して50mm単焦点レンズ1本で撮影してきました

友人の結婚式に参列して50mm単焦点レンズ1本で撮影してきました

友人の結婚式にお招きいただきまして、せっかくなので写真撮ろうと思い、Canon EOS 5D MarkⅣにEF50mm F1.8 STMという組み合わせで撮影してきました。

披露宴では席を立てないタイミングもありますが、基本的には単焦点レンズを使って脚で稼いで撮影するのでも十分いい写真が撮れましたよ。

50mmの単焦点レンズ

厳密には望遠レンズの「EF70-200mm F2.8L IS II USM」も持っていってたんですが、たまたま披露宴で高砂の目の前の席だったため、チャペルで使う以外には出番がありませんでした。

というわけで、披露宴では「EF50mm F1.8 STM」という単焦点レンズを使って撮影してきましたよ。

こちらにもレポ記事を書いてるんですが、このレンズは1万円台とは思えないくらい優秀なレンズです。フルサイズのカメラであれば50mmの焦点距離で使えますが、APS-Cのカメラの場合は80mmと中望遠くらいの距離になるのでご注意ください。

Canonの撒き餌レンズ「EF50mm F1.8 STM」が1万円台と思えないコスパの良いレンズ!初めてのレンズに最適!
続きを読む

一応、EF70-200mm F2.8L IS II USMについて書いた記事も貼っておきます。

Canonの大三元レンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を購入!
続きを読む

EF50mm F1.8 STMの特徴としては

  • 価格が安くて入手しやすい
  • 小型軽量で持ち運びが楽
  • 明るくてボケやすい
  • 使いやすい画角
  • ズームはできないため距離は足で稼ぐしかない

といったところです。

結婚式での50mm単焦点レンズの使い勝手

単焦点レンズはズームができないわけで、式の進行を妨げない範囲でこまめに移動する必要がでてきますので、性能の良いズームレンズを持っているのであればそちらを使うのが良いと思います。

ただ、結婚式にはなるべく軽装で行きたい場合にはEF50mm F1.8 STMのような小型で軽量なレンズは悪くない選択肢だと思うんですよね。今回のようにゲストとして参列する場合、結婚式のオフィシャルのカメラマンが全体を撮ってくれてますから、自分なりにポイントをおさえて撮影できたら十分なんですよ。

例えば料理の写真などを撮っておくといいと思うんですよね。

パンとか撮る人あんまりいないだろうし。

デザートビュッフェも綺麗でいい感じでした。

ケーキカットなどのイベントではかなり寄れるので、他の方との場所の譲り合いはありますが、こんな写真も十分撮影できます。

チャンスがあればここまで寄って撮影することもできます。

最後に

旅行に行った時にも今回紹介した5Dと50mm単焦点レンズの組み合わせで行ってきました。ほとんど不満もなく気軽に撮影できたので、この組み合わせはかなり気に入ってます。

5Dと50mmの単焦点レンズだけで旅行に!レンズ1本で十分間に合ってしまいました!
続きを読む
キーワード
カメラ