iPhone XでApple Payの支払いは片手で簡単にできて便利

iPhone XでApple Payの支払いは片手で簡単にできて便利

iPhone XはFace IDを搭載したことでApple Payの支払いはどんな感じになるのかなと楽しみなような不安なような気持ちでいたのですが、実際に使ってみるとめちゃめちゃ快適でした!

Touch IDの時と違って、片手でiPhoneをグッと握ったままでも簡単に支払いができるのが最高です。

iPhone XでApple Payを使う

コンビニなどでApple Payを使う際は、クレジットカードによって違うのですが、「QUICPay」や「iD」という規格で支払います。

僕が登録してあるエポスカードだと「QUICPay」が使えるので、コンビニで「QUICPayでお願いします」と言って支払いをしています。

で、このQUICPayを使う際に本体右側にある「サイドボタン」をダブルクリックしてからFace IDで認証するという流れなんですけども、これがすごくやりやすいんですよね。

iPhone Xをがっちりと握りしめた状態でサイドボタンを2回「ポンポン」と押します。ロックした状態でも操作可能です。

GIFアニメにしてみました。こんな感じでiPhone本体を握ったままでも簡単に認証されます。

Touch IDの場合はホームボタンに登録してある指を置く必要がありました。これまではこれを不便だと思ったことはなかったんですけども、Face IDに慣れるとわざわざホームボタンに指を置かなくてもいいっていうのは楽チンなんですよね。

もちろんマスクしたままだと認証されないというFace IDのめんどくささもありますが、Touch IDでは手袋したままで認証されないので、まぁどっちもどっちかなと。

最後に

操作が楽すぎて、Suica支払いくらいの気軽さでQUICPayが使える感覚になりました。

マスクをしない人にとってはiPhone XのFace IDはかなり便利ですので、ぜひ使ってみてください。

キーワード
iPhone