iOS 11ではQRコードをカメラアプリで読み込める!LINEの友達追加も!

iOS 11ではQRコードをカメラアプリで読み込める!LINEの友達追加も!

iOS 11になってから、カメラアプリでQRコードを読み込めるようになりました。

これまでは特別なアプリをインストールしたり、ブラウザアプリのChromeなどを使ってましたが、これからはカメラアプリを起動するだけ。超お手軽です。

iPhoneのカメラアプリを起動してQRコードにかざす

やり方は簡単で、カメラアプリを起動してQRコードにかざすだけ。

delaymaniaのQRコードを作ってパソコンに表示させてみました。こんな具合にカメラアプリでQRコードを読み取ろうとすると画面の上に通知が来ます。

上の写真だとわかりにくいので画面のキャプチャーも載せておきますね。上部の通知をタップすればそのままサイトを開くことができます。

読み取れない場合は設定を確認してみてください。設定アプリ内の「カメラ」に入り、「QRコードをスキャン」をオンにします。

LINEの友達追加も可能

QRコードを読み込む機会といえばLINEの連絡先交換ですよね。

LINEで連絡先交換するときはQRコードが一番確実で早くて便利だと思う
続きを読む

LINEの友達追加用QRコードをカメラアプリで読み込むとLINEが立ち上がり、友達追加することができますよ。

LINEのアプリを3D Touchのクイックアクションで立ち上げたらすぐにQRコードを表示させることは可能ではありますが、カメラはロック画面から起動できますから、LINEを立ち上げるよりもステップ数少なく相手のQRコードを読み取ることができちゃいます。

最後に

ビットコインの送金などでもQRコード使いますので、ロック画面から起動できるカメラでQRコードを読み取れるというのは手軽でいいですね。

iOS 11以降の機能ですので、もし発動しないという方はiOSのアップデートしてからお試しください。

キーワード
iPhone