携帯電話を水没させたときに取るべき正しい行動

携帯電話を水没させたときに取るべき正しい行動

母が携帯電話を水没させまして、機種変更しました。

ドコモショップに付き添って店員さんに水没させたときの正しい行動を聞いてきましたので書き記しておきます。

水没させたらまずすること

電源を落とす

すでに電源が落ちてるかもしれないですが、まず電源を落とした方がいいようです。

電源を落としたことを伝えたら、それは良い行動だったと言われました。

電池パックを外す

店員さんに手渡したらまず電池パックはずしてました。

iPhoneでは無理ですが、電池パックを外せるタイプの携帯であればすぐに外した方が良いようです。

乾かす

店員さんが端末を乾かしてました。乾かしたことでデータが復旧できたので、家でもまず乾かすことを考えたほうが良さそうです。

ただ、ドライヤーを当てるとしたら当て方はなにが正しいかまでは分からないので、一ヶ所に集中して当てない方がいいでしょう。

すぐに携帯ショップへ行く

営業時間内であればすぐにでも携帯ショップへ持っていった方がいいです。

ペットが病気になったら動物病院に行くのが当然のように、携帯になにかあれば携帯ショップへ走りましょう!

やってはいけないこと

石鹸で洗う

トイレに落としたら洗いたい気持ちは分かるけど石鹸で洗ったらさすがにダメだったようです…。汚くても諦めましょう。

電源を入れ直す

電源を入れたときにショートする可能性があるようです。

こうなると助けられるデータも助けられなくなることがあるようで一番やってはいけないですね。

備えておくこと

なにより普段から不慮の事故に備えておくことが大切ですね。僕が普段心がけてることだけでもご紹介します。

ストラップに指をかけておく

昔、後ろから走って来たおじさんに携帯をすっ飛ばされて数メートル携帯が滑っていった事があります。それ以来、携帯を使うときはストラップを指にかけないと怖くて持っていられなくなりました。

この効果は絶大で、iPhoneもほとんど落とした事がないです。

一番効果が高いのはネックストラップだと思いますが、指にかけておくだけでも十分なので、是非ストラップつけておいてください。

バックアップをとっておく

iPhoneならiCloudでバックアップ取れます。

連絡先と写真だけでも守っておいたほうがいいです。

あと時々「データはSDカードに入れてるから大丈夫」と言いながらそのSDカードを挿しっぱなしにしてる人がいますけど、水没させたり無くしたらアウトなんで、バックアップのバックアップを取るようにしないと意味ないですよ。

最後に

まずはきちんと備えておく事。そして、いざ不慮の事故にあったときにどうすればいいのかを知っておく事。どちらも大事ですね。

うっかり水没させてしまったら、この記事を思い出してください。

キーワード
iPhone