iPhone 6 Plusは実際に触ってみたら最高のデバイスだった!

iPhone 6 Plusは実際に触ってみたら最高のデバイスだった!

iPhone 6 Plus 128GBモデルのシルバーを購入しました。

実際に触ってみて、自分の選択は間違ってなかったと思える最高のデバイスでした!!

まだ2,3日しか触ってない状態での感想をつらつら書いていきます。

本体がでかいことの利点の方が大きい

発売前は「片手操作がきつそう」「ポケットに入らなそう」というデメリットにばかり意識が行き過ぎていた気がします。

でも、iPhoneがでかくなることでのメリットもあるわけですよね。ポケットにしまうことと片手操作さえ諦めたら他はすべて快適です。

実際手に取ってみると、画面はでかくて見やすいし、操作しやすくてニヤけてきます。

▼文字入力しているところを撮影しましたので動画で確認してみてください。

元々片手操作にこだわりがなくて、フリック入力も両手でできますし(左手はサポート程度ですが)、いまのところ一つも不便さは感じてません。

むしろ、画面がでかいことでキーの押し間違えが減りました。文字入力は確実にやりやすくなりましたね。

ホーム画面にアプリがたくさん置ける

iPhone 5よりも1列増えてます。iPhone 4と比較すると8個も多くおけるようになりました。

▼一画面にこんなにたくさんのアプリを置くことができます。
iphone-6-plus-01

ちなみに、iPhone 6に追加された機能「Reachability」のかなり便利です!

▼ホームボタンをダブルタップすると画面が降りてきます。こちらはまた別記事でレビューします。
iphone-6-plus-02

バッテリー持ちが良い

バッテリー持ちはかなり良いです。

購入翌日、たまたまライブで一日外に出てまして、ライブの日って隙間時間が多いのでiPhone触る時間が多いんですけど、それでも帰宅時に残り60%でした。

ただ、比較対象が1年使った5sなので、参考程度に留めておいてください。それと使い方によっても差が出ると思います。

カメラの手ぶれ補正機能はまだよくわからない

カメラの機能は期待していたほど劇的に変わった感じはしないですね。

とはいえ、iPhone 5sよりも明らかにきれいな写真が撮れるようになってるので、やはりそこは手ぶれ補正機能の恩恵が受けられてるってことですかね。

もうちょっと使い続けていくとわかってくるところかなと思います。

ポケットに入るか否か

ポケットに入るか否かで言えば、入ります!

入るには入りますけど、動きづらいです。特に前側のポケットに入れるとしゃがむのもきついし歩くときも違和感すごいし、体への負担がハンパないのでやめておいた方がいいと思いますね。腰悪くしますよ。

ケツポケットに長財布入れても違和感なく生活出来てる人ならケツポケットでも問題ないと思います。座るときは出すことが前提ですけど。

まぁ、カバンの中ですかね。現在探り中です。

最後に

予約が1時間遅れて、入荷の連絡が12日後でした。

出遅れてしまいましたが、とにかく満足です!良い買い物しました!!

これからじっくり使ってみて、なにか発見があれば記事書きますね。

キーワード
iPhone