YouTubeのカスタムサムネイルのサイズは1920×1080ピクセル

YouTubeのカスタムサムネイルのサイズは1920×1080ピクセル

YouTubeの動画を再生するかどうか、サムネイル画像を見て決める人も多いと思います。

僕もタイトルより画像を見てピンと来たらクリックしちゃいます。

あのサムネイル画像を、動画の一部ではなくオリジナルの画像に差し替えることができます。

YouTubeのカスタムサムネイル

YouTubeの動画一覧で表示されるサムネイル画像は、動画の一部が3枚選ばれてその中から選ぶことになります。

その3枚とも違う、まったくのオリジナル画像に差し替えることができまして、これを「カスタムサムネイル」と言います。

▼例えば上の2つは自動で選ばれたサムネイル、下の2つが僕が作ったカスタムサムネイルです。
youtube-custom-thumb-01

YouTubeによる推奨サイズは1280×720ピクセルで、これ以下のサイズでもアップロードは可能ですが最小で幅640ピクセル以上である必要があります。アスペクト比は「16:9」です。

対応しているファイル形式は「JPG・GIF・BMP・PNG」の4つで、容量は2MBまでという制限があります。PNGで書き出すと2MBをオーバーすることもありますので、様子を見てJPGにしたり臨機応変に対応してます。

▼画像が作成できたら、動画の編集画面にて「カスタムサムネイル」という項目をクリックして作った画像をアップするだけです。
youtube-custom-thumb-02

同じ画像をブログでも流用する

僕はYouTubeに動画をアップしたらそのネタをブログでも書いてますので、そのままアイキャッチ画像として流用しています。

先ほども触れましたが、カスタムサムネイルは2MBまでという容量制限があるので、PNG-24で全力で書き出してみて2MBを超えてたらJPGできれいめに書き出します。

カスタムサムネイルは2MB以内ならなんでもいいのですが、アイキャッチ画像はブログで使うものなので表示を早くするために極力容量を削ってます。

JPGにするか、PNG-24にするか、PNG-8にするかの基準は下記の記事をご覧ください。

JPGとPNGとGIFの違いを理解できるときれいで軽い画像が作れる!
続きを読む

最後に

ここでひと手間かけることで再生される可能性はかなりあがると思ってるので、極力作るようにしてます。

カスタムサムネイルではなくチャンネルアート(YouTubeのチャンネルヘッダー部分の画像)を作りたい方は下記の記事でサイズを紹介してますので、覗いてみてください。

キーワード
YouTube