2022年までのマンガ大賞1位作品まとめ

2022年までのマンガ大賞1位作品まとめ
関連キーワード
エンタメ

マンガ大賞は毎年3月末頃に発表され、人気の作品をチェックできる企画として注目してました。

ランキングをまとめたサイトは多数あったんですが、歴代の1位作品だけをテキストで羅列したサイトがなかったのでメモっておきます。

2008年から2022年までのマンガ大賞1位作品まとめ

マンガ大賞は2008年から始まっており、それから2022年まで1位となった作品をずらっと羅列しておきます。

作品名 作者
2008年 石塚真一
2009年 ちはやふる 末次由紀
2010年 テルマエ・ロマエ ヤマザキマリ
2011年 3月のライオン 羽海野チカ
2012年 銀の匙 Silver Spoon 荒川弘
2013年 海街diary 吉田秋生
2014年 乙嫁語り 森薫
2015年 かくかくしかじか 東村アキコ
2016年 ゴールデンカムイ 野田サトル
2017年 響~小説家になる方法~ 柳本光晴
2018年 BEASTARS 板垣巴留
2019年 彼方のアストラ 篠原健太
2020年 ブルーピリオド 山口つばさ
2021年 葬送のフリーレン 原作:山田鐘人 / 作画:アベツカサ
2022年 ダーウィン事変 うめざわしゅん

この記事執筆現在、「3月のライオン」はKindle Unlimitedで読み放題対象作品でした。

その他にも期間限定無料だったりもするので、気になる作品はぜひチェックしてみてください。

個人的には「彼方のアストラ」は、人生で読んできた漫画の中でTOP3に入るくらい好きな作品です。

彼方のアストラ全巻発売されたのでこれまで読んでこなかった人にはぜひ読んでほしい
彼方のアストラ全巻発売されたのでこれまで読んでこなかった人にはぜひ読んでほしい
続きを読む

また、2021年に読んだ漫画の中で特に気に入った作品をまとめたこちらの記事では「ゴールデンカムイ」「BEASTARS」を挙げてます。どちらの作品も完結しましたし、まとめて読むのに最適です。

2021年に読んだ漫画で好きだったもの・印象に残ったものまとめ
続きを読む

マンガ大賞についてざっくり解説

マンガ大賞について、公式サイトのリンクも貼っておきます。1位以外の作品も多数見れますので、サイトを覗いてみてください。

マンガ大賞がどんな企画なのか、上記のサイトより引用しておきますね。

マンガ大賞とは、2008年に始まった賞です。

「面白いと思った漫画を、その時、誰かにオススメしたい!」という思いから、書店員などの漫画好きの有志たちが、人にぜひ薦めたいと思う漫画を実際に読んで選考します。

対象作品は前年の1月1日~12月31日に出版された既刊8巻以内の作品で、ノミネートされた漫画が実写化・アニメ化されることも多く、注目の賞となっています。毎年3月末頃に大賞が発表されます。

主催:マンガ大賞実行委員会

マンガ大賞2022

似てるけどちょっと違う「次にくるマンガ大賞」

調べてみたところ、「次にくるマンガ大賞」という企画もあるようです。

こちらはダ・ヴィンチとニコニコが運営しており、マンガ大賞とは名前が似てるだけで全然別の企画です。

最後に

漫画は好きですけども好みが偏ってるので、結構知らない作品が多かったです。

気になるものからちょっとずつチェックしていこうと思います。

キーワード
エンタメ