R-1グランプリ2022の決勝進出者7名まとめ

R-1グランプリ2022の決勝進出者7名まとめ
関連キーワード
エンタメ

2022年2月13日にR-1グランプリ2022の決勝進出者が発表されました。

決勝まで勝ち上がった7名と、復活ステージを戦う24名を一覧にまとめておきます。

R-1グランプリ2022の決勝進出者7名

R-1グランプリ2022の決勝進出者は、YouTubeにて生配信で発表されました。

R-1グランプリ2022の決勝進出者、今年は7名と例年よりも少なめです。

そんな決勝まで勝ち上がった芸人が下記の7名です。決勝進出者発表生配信で決まった、当日の出場順に並べてます。

  • kento fukaya(吉本興業)
  • お見送り芸人しんいち(グレープカンパニー)
  • 敗者復活枠
  • 吉住(プロダクション人力舎)
  • サツマカワRPG(ケイダッシュステージ)
  • ZAZY(吉本興業)
  • 寺田寛明(マセキ芸能社)
  • 金の国 渡部おにぎり(ワタナベエンターテインメント)

去年のファイナリストは、kento fukaya・ZAZY・吉住・寺田寛明の4名。サツマカワRPG・渡部おにぎり・お見送り芸人しんいちは決勝初進出です。

ラストイヤーだと明言された芸人は、kento fukaya・ZAZY・お見送り芸人しんいち。経歴を調べてみるとサツマカワRPGも2012年から芸人としてのキャリアが始まってるようなのでラストイヤーっぽいです。

ちなみに、サツマカワRPGと寺田寛明は大学時代からお互いに意識しあったライバル同士であることが語られて、そんな裏側のドラマも知っておくとなお楽しめますね。

復活ステージ(敗者復活戦)

敗者復活枠は変わらず1名で、合計8名を2ブロックに分けて戦い、勝ち上がった2名で最終決戦を行うというルールです。

復活ステージを戦うのがこちらの24名です。

  • レインボー 池田直人(吉本興業)
  • ケビンス 仁木(吉本興業)
  • ヒコロヒー(松竹芸能)
  • 河邑ミク(松竹芸能)
  • 京極風斗(吉本興業)
  • Yes!アキト(サンミュージックプロダクション)
  • マツモトクラブ(SMA)
  • サノライブ(K-PRO)
  • 森本サイダー(松竹芸能)
  • トンツカタン 森本(プロダクション人力舎)
  • Gパンパンダ 星野(ワタナベエンターテインメント)
  • まりんか(太田プロダクション)
  • かが屋 賀屋(マセキ芸能社)
  • サンシャイン 坂田(吉本興業)
  • 徳原旅行(マセキ芸能社)
  • 鳥谷尾だいき(フリー)
  • シモタ(吉本興業)
  • ネイビーズアフロ みながわ(吉本興業)
  • 田津原理音(吉本興業)
  • 準新作(NSC)
  • 真輝志(吉本興業)
  • 今井らいぱち(吉本興業)
  • 清友(吉本興業)
  • ビスケットブラザーズ 原田(吉本興業)

この中でラストイヤー(だと思われる)のが、ヒコロヒー・マツモトクラブ・サンシャイン 坂田の3名です。

準々決勝と準決勝まで残っていた芸人まとめ

準々決勝まで進出した117名と、準決勝まで進出していた31名についてまとめた記事もありますのでリンクを貼っておきます。

準決勝進出者31名

R-1グランプリ2022の準決勝まで進出していた31名をまとめた記事がこちらです。

R-1グランプリ2022の準決勝進出者31名まとめ
続きを読む

準々決勝進出者117名

そして、R-1グランプリ2022の準々決勝まで進出していた117名をまとめた記事がこちらです。

R-1グランプリ2022の準々決勝進出者117名まとめ
続きを読む

R-1グランプリ2021の結果まとめ

今大会よりも1年前、R-1グランプリ2021についても決勝の結果を記事にまとめてます。

この記事には歴代の優勝者も載せてますので、こちらもぜひご覧ください。

R-1グランプリ2021の得票数一覧とR-1歴代優勝者まとめ
続きを読む

最後に

R-1グランプリ2022の決勝戦は3月6日20時から放送です。

出場者が減ったのは去年の放送がバタついたからっぽいですけども、そのおかげで今年は審査員のコメントなどをしっかり聞きながら楽しめそうだなと思いました。ともかく、当日楽しみです。