西小山「コーラとハンバーガー」のクラフトコーラと素材に拘った高級グルメバーガーがおいしい!

西小山「コーラとハンバーガー」のクラフトコーラと素材に拘った高級グルメバーガーがおいしい!

2020年11月6日に西小山駅裏手にオープンしたCraft Village NISHIKOYAMAがオープンしました。

その中に、自由が丘バーガーの系列店「コーラとハンバーガー」が入っていまして、早速食べに行ってきました。

西小山「コーラとハンバーガー」

「コーラとハンバーガー」は、西小山駅のすぐ裏側にあります。武蔵小山駅からも徒歩7,8分なので十分徒歩でアクセスできる距離です。元々「フィエスタ」という

※記事執筆時の情報です。
店名 店名
住所 東京都目黒区原町1-7-8 クラフトビレッジ西小山イースト棟1F
電話 03-6303-3570
営業時間 ランチ 11:00〜15:30(LO 14:30)
ディナー17:00〜21:00(LO 20:00)
定休日 年中無休
最寄駅 西小山駅
タバコ 全席禁煙
座席数 14席
支払い方法 カード可 / PayPay対応
関連リンク コーラとハンバーガー – 西小山/ハンバーガー [食べログ]

オープンしたばかりなので情報が出揃ってませんが、Instagramの公式アカウントもありますので、詳細はこちらをご覧いただいたり、お店にお問い合わせをお願いします。

店内は、4人掛け2テーブルと、3人掛け2テーブル。この写真は店内一番奥にある3人掛けのテーブルです。この右手側は店員さんの導線になっているため椅子を配置できないようですね。ガラス張りなので自然光が入ってきて気持ち良いです。また、ペットOKだそうです。

メニューがこちら。

そしてコーラとハンバーガーのコンセプトがメニューの表紙に書かれてます。

店名にも入ってるクラフトコーラをはじめとしたオリジナルドリンクは、割り方を選ぶことができます。コーラはミルクで割ってホットにできたりするんですね。

ハンバーガーにはフライドポテトが付きますので、サイドメニューで追加するならサラダがおすすめ。ドレッシングは3種類から選ぶことができます。

「コーラとハンバーガー」のクラフトコーラとクラシックバーガー

記載している価格は記事執筆現在のもの、そして全て税別価格です。

左がクラフトコーラ、右が自家製ジンジャーエール(どちらも500円)。コーラはみなさんが想像するあのコーラとは全く別物で、カルダモンの香りと爽やかな酸味が楽しめます。

キラボシ農園のサラダ(300円)。野菜の味が濃くておいしい上に、玉ねぎドレッシングがベストマッチでした。ハンバーガーとの相性も良いので、ハンバーガー到着まで少しでも残しておくことをおすすめします。

クラシックバーガー(1,380円)。グリルオニオンとソースだけという超シンプル構成のハンバーガーでした。正直葉野菜やトマトなどがないことで物足りなさは感じたため、次回は何かしらトッピングしたいと思ってます。ハラペーニョかワカモレをトッピングしたら印象変わりそうです。

黒てりやきバーガー(1,680円)。青森県出身のうちの嫁曰く「源たれ味」とのことで、僕も少しいただきましたが、完全に源たれ味でおいしかったです。再訪したら確実にこれを注文します。

ハンバーガーには全品フライドポテトが付きます。甘みがあって、表面のカリッと感と中のホクホク感が素晴らしかったですね。数あるハンバーガー屋さんの中でもかなり上位のフライドポテトじゃないかっていうくらいおいしかったです。

ちなみに、久しぶりに「バンズを潰して食べる」ことを推奨するお店でした。グルメバーガーのお店はいろいろあるんですけども、バンズのふっくら感を売りにしてるお店の方が多い印象なんですよね。

コーラとハンバーガーのバンズは硬めなので、潰してしまっても旨味が損なわれないという判断なんだと思います。僕は潰さずに食べましたけども、食べやすくなると思うので、口が大きくない方は潰して食べてみてください。

最後に

食材にこだわった高級感のあるグルメバーガーは、このエリアになかった業態だったので嬉しいですね。

武蔵小山エリアは価格帯の安いお店が多い中で、高級路線のハンバーガー屋さんがどのくらい受け入れられるかっていうのはわからないですが、少なくとも僕はこの価格のお店ではあるものの再訪するなと思ったので、お近くの方はぜひ一度足を運んでみてください。

僕なりのハンバーガーランキングがこちらです。好きなハンバーガー屋さんを10店舗ご紹介してます。

ハンバーガーランキングのサムネイル画像
ハンバーガー食べ歩きが趣味の僕が選ぶ「首都圏のハンバーガー屋ランキング」【2019年版】
続きを読む

ランキング関係なく、ハンバーガーについて書いた記事の一覧はこちら。

※金額は記事執筆現在のものです