三点リーダ「…」をMacで最速で入力する方法

三点リーダ「…」をMacで最速で入力する方法

Macを長く使っていても知らないことはまだまだたくさんありますね。

先日「三点リーダ」を一発で入力する方法を見つけましたのでご紹介します。

変換候補が出ることなく、押すだけで一発で入力できてかなり便利です。

Macで三点リーダを最速で入力

Macで三点リーダは、例えば「てん」と入力して変換したり、「。」と入力して変換することで入力することができます。

ただ、特に「てん」の場合は変換候補も多いので、一撃で入力するためには、下記のキーを押してみてください。

「option + ;」

この方法だと変換候補も出てこないで一発で入力することができます。

弱点としてはoptionボタンって普段押し慣れないので視線をキーボードに落とさないと押しにくいかもしれないことですね。セミコロンは押しやすい位置にありますし、慣れたら問題ないとは思いますが。

optionと組み合わせたその他の入力

optionボタンを押しながらキーを押すと、いろいろな記号を入力することができます。

その中でも使用頻度が高そうなものをいくつかご紹介します。

「option + g」 ©
「option + y」 ¥
「option + ¥」 \

あくまで僕なら使いそうっていうものをピックアップしてるだけですので、ぜひoptionボタンを押しながらいろいろなキーを叩いてみてください。

矢印「←↓↑→」を最速で入力する方法

矢印「←↓↑→」を変換するためには「やじるし」と入力して変換するよりも、早く確実に入力する方法があります。

そちらについては別記事を書いてますので、こちらをご覧ください。

Macで矢印「←↓↑→」をなるべく早く確実に入力する方法
Macで矢印「←↓↑→」をなるべく早く確実に入力する方法
続きを読む

最後に

執筆業をされてる方などは特に入力時のストレスをなるべく少なくしたいでしょうし、今回ご紹介した方法でかなりサクサク入力できるようになると思います。

矢印の入力も、これを覚えてからかなり快適になりました。三点リーダも体に馴染ませるために使い続けてみます。

キーワード
Mac