Macで矢印「←↓↑→」をなるべく早く確実に入力する方法

Macで矢印「←↓↑→」をなるべく早く確実に入力する方法

Macで「←↓↑→」を入力する簡単な方法があったよなと、なんとなく覚えてはいるものの、どうやって入力するのか忘れてしまって「やじるし」とか「うえ」「みぎ」などと入力して変換してました。

「←↓↑→」入力する時にストレスを感じるようになってきたので、忘れないようにメモがてら書き記しておきます。「z」ともう1文字を組み合わせて変換すると一発で目的の方向を向いた矢印を入力できますよ。

「うえ」とか「やじるし」以外の変換方法

「←↓↑→」を入力するためには、日本語入力モードの時に下記の2つのキーを連続で打つことで変換できます。

入力するキー 出力される矢印
zh
zj
zk
zl

変換候補がずらっと出たりすることなく、2つのキーを連続でポポンと打つだけで、一撃で目的の矢印を入力することができますよ。

なぜ「うえ」とか「やじるし」での変換方法がダメなのか

「←↓↑→」の矢印を入力するには、例えば「うえ」と入力すれば「↑」が変換候補に出てきますし、「やじるし」と入力すれば4方向の矢印が変換候補に出てきます。

しかし、変換候補に出てきた中から選ぶ必要があるため、入力がもたつくんですよね。

実際の手順だと

  1. 「うえ」と入力してスペースキーを押して変換
  2. 「上」とか「飢え」といった複数の候補の中から↑までたどり着く

と、ちょっと手間がかかります。先ほどの方法だとステップ1だけで済んだのに、ステップ2が発生するんですよね。

それも候補の数が意外と多いんです。

「やじるし」の場合でも同様で、「↓」を入力したいのに、「→」が先に出てきて選ぶのに時間がかかる、という状況になります。

のんびりしている時であれば問題ありませんが、サクッと入力済ませたい時には、矢印の方向も指定できる「zh」などの入力方法の方が便利です。

また、漢字の「矢印」を入力したい時に「←↓↑→」が候補に出てこなくなるというメリットもありますよ。

最後に

僕自身が矢印を入力する際に「なんか早く入力できる方法があったけど、あれってどうやるんだっけ?」となりがちだったので記事化しました。

この記事を書きながらだいぶ手にも馴染みましたし、忘れてしまっても記事を見返せば良いので気が楽です。

ぜひみなさんもご活用ください。

キーワード
Mac