MacBook Proのキーボード修理に出したら配送日含めて3日で戻ってきた

MacBook Proのキーボード修理に出したら配送日含めて3日で戻ってきた

MacBookやMacBook Proの一部のモデルでキーボードの不具合が確認されており、「キーボード修理プログラム」という形でAppleが無償で修理してくれます。

僕の使ってるMacBook Proも対象モデルで、しばらくは我慢して使ってたんですが、様々な症状が重なってきたので修理に出してみました。

思ってた以上に早く手元に戻ってきたので、さっさと修理しておけばよかったと思いましたよ。

MacBook Proのキーボード修理プログラム

MacBook・MacBook Proのキーボード修理プログラムはこちらです。

こちらのサイトで掲載されている不具合のうち代表的な症状がこちら。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

このような症状が、下記のモデルで出ていれば、無償で修理してくれるというわけです。

  • MacBook (Retina, 12inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12inch, 2017)
  • MacBook Pro (13inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15inch, 2016)
  • MacBook Pro (15inch, 2017)

僕のMacBook Proは15インチの2018年モデルで、「文字が勝手に反復入力される」という症状が出てました。「b」「n」あたりが特に顕著で、正確に文字が打てないのがストレスで…。

そのうち、「左側のcommandボタンが戻ってこない」という状況になってしまって、修理に出すことを決断しました。さすがに左側のcommandボタンが使えないと仕事にならないので。

配送修理を依頼

Appleストアに持ち込むという方法もあるんですが、僕は「配送修理」を依頼してみました。下記のリンクからサポートに飛べます。

こちらでチャットを選択し、チャットでのやり取りで修理を依頼しました。対応がかなり早くて、15分ほどですべての作業が完了しました。

作業と言っても、症状を説明したりMacのモデルを伝えたり、修理に必要となるテスト用アカウントを作成したり、という程度でしたけどね。

それとバックアップを取るように伝えられましたが、普段からTime Machineでバックアップ取ってたので、改めて取る必要もなくさくっと進みました。

48時間ほどで返ってきた

午前中に発送し、翌日の昼間に「修理が完了して発送しました」というメールが届き、さらに翌日午前中に僕の手元にMacBook Proが返ってきました。

3~5日かかると言われてたんですけども、配送の時間まで含まれた日数だったとは。しかも3日間どころか返ってきた日の昼間はもう使える状況でしたので実質48時間ほど手元になかっただけで済みましたよ。

もちろん僕の場合はたまたま早かっただけという可能性もありますが、キーボードの不具合だけであれば修理も簡単なんでしょうね。

このように新品同様のピカピカのキーボードに生まれ変わりました。

仕事で使うメインマシンだったので、本当にこの短時間で戻ってきてよかったです。

最後に

メインマシンを修理に出すというのは、仕事を一定期間止めるということになるため、修理するのに躊躇してしまいました。

幸運にも僕の場合は発送した日を含めて3日間弱使えなかっただけだったので、サブ機のMacBook Airでしのぐことができましたけども、やっぱりMacBook Proがあると安心しますね。

僕のように修理に出すのを躊躇している方は、旅行にでも行ってるうちに返ってきますので、ぜひお気軽にサポートに連絡してみてください。

キーワード
Mac